競馬ニュース

1/3ページ

中山2500に近い? 2021菊花賞の阪神3000について個人的考察。

阪神大賞典限定コース 菊花賞が阪神で行われるのは、ハシハーミット・ハシクランツのシンザンクラブのワンツーだった菊花賞以来という、とんでもない大昔にさかのぼります。それだけ菊花賞を淀でやることにこだわっていたんでしょう。42年前ですし、参考にはならないですね。 現在この距離で施行されているのは、ご存知のように阪神大賞典のみ。そしてその阪神大賞典も古馬の天皇賞・春トライアル戦で、頭数も10頭前後ばかり […]

2021キーンランドCに北海道・ソロユニット参戦!

毎年JRAの北海道シリーズでは、門別競馬からの挑戦が積極的に見られて、しかも結構馬券に絡んだりするので楽しいわけですが、今週のキーンランドCには門別の快速3歳娘・ソロユニットが登録。スプリンターズSの前哨戦とも言うべきこのレースでどこまで通用するのか注目です。今回はこの馬がどんな馬なのか、ちょっと見て行きたいと思います。 エーデルワイス賞でJRA勢撃破!ダート短距離では地方全国レベル! これまでソ […]

2021宝塚記念 参考レースをまったり解説

2021年5月2日 天皇賞・春 3着カレンブーケドール、4着アリストテレス、11着メロディーレーン、16着シロニイ 待ちの競馬をしたアリストテレスより、初距離で先行抜け出しにチャレンジしたカレンブーケドールの健闘が光ったレース。一番強い競馬はしていますよね。ただ、いつもあそこまで行って止まるのも、またカレンブーケドール。阪神2200は合うコースでしょうし、ここも期待はできますが、あと一踏ん張り効く […]

[ダービーは全G1の中で最も特殊なG1]…2021ダービーの穴馬を探す

今週はいよいよ日本ダービー。毎年思いますが、このレースは日本競馬最大のレースであることはもちろんですが、非常に特殊なレースだなといつも私は感じています。『前近代的なレース』と言いますか。なぜ特殊で前近代的なのか、この10年間のダービーの勝ち馬を見てみるとわかりやすいです。 過去10年のダービー馬 2020 コントレイル 2:24.1 1人 福永祐一 2019 ロジャーバローズ 2:22.6 12人 […]

2020 パリロンシャン 凱旋門賞 予想 パワー重視でストラディバリウスの頭◎

オブライエン勢4頭、禁止薬物検出で出走回避! 凱旋門賞 10月4日 パリロンシャン 芝2400米 勝ち負け なし 嵌れば一発 ①ペルシアンキング ブドー59.5 距離と道悪が課題 ⑥ストラディバリウス ペリエ59.5 最強ステイヤー鞍上は名人 ⑦ソットサス Cデムーロ59.5 4番ゲートでロスなく運べば ⑧エネイブル デットーリ58 馬場状態気になる ⑮ラービアー ギュイヨン55.5 斤量有利内捌 […]

歴代の3冠馬・世代レベルを比較~3冠に向けコントレイル始動!

『3冠馬が出る年は3歳馬のレベルが低い』は本当か 今週、菊花賞トライアルの神戸新聞杯に無敗の2冠馬・コントレイルがいよいよ登場。史上8頭目、親子で無敗の3冠馬誕生に向かって始動しますね。ここで今回は過去の7頭の三冠馬のうち、古典となっているセントライト・シンザンは置いておきまして、3頭目以降のミスターシービー・シンボリルドルフ・ナリタブライアン・ディープインパクト・オルフェーヴルを振り返り、今年の […]

2020 新潟記念 登録馬・参考レース

登録馬 アイスストーム56.0アイスバブル55.0アクート54.0アールスター56.0インビジブルレイズ56.0ウインガナドル55.0カデナ58.0ゴールドギア53.0サトノガーネット55.0サトノクロニクル56.0サトノダムゼル53.0 サンレイポケット54.0ジナンボー56.0ピースワンパラディ55.0ブラヴァス56.0フリーフリッカー53.0プレシャスブルー54.0ポポカテペトル55.0メー […]

1 3