スーパーステション、2度目の交流G1・帝王賞挑戦。ドキドキです。

スーパーステション、2度目の交流G1・帝王賞挑戦。ドキドキです。

門別の最強馬・スーパーステションが、今週の大井・帝王賞に挑戦します。地方競馬好き、そしてスーパーステション好き、スパステ好きの私からしたら、今年の帝王賞は宝塚記念よりもよっぽどドリームレースでございます。

 

「私の夢は、スパステです。」

 

もし私が帝王賞の実況なら、実況中にそう呟いてしまいたいくらいです。

 

昨年の東京大賞典は厳しいレース

去年の東京大賞典にも挑戦しているので、門別馬としては2度目の交流G1・大井参戦です。前回はこの馬の強さは十分感じましたけど、なかなか悔しいレースでしたね。体重も12キロ増、輸送も考慮した結果だったのでしょうが、ある意味力試し的な参戦だったのかなという気も今となってはします。

 

レースの方はすんなり先頭に立てそうだったのに、外からオイシン・マーフィー騎乗のアポロケンタッキーさんの謎の奇襲に合いまして、淀みのない流れになってしまいました。2番手でもレースはできる馬だったと思うので、行かせてしまって2番手で良かったと思いますが、あくまで大賞典はスパステの力試しでもあったと思うので、行くだけ行くという方針だったのでしょう。

 

結果は直線半ばまで抵抗しまして、現地で見ていた私は「頑張れ!頑張れ!(単複持ってる)」の連呼だったのですが、最後にオメガパフュームたちに差されて6着。あの謎オイシンがなかったら、馬券圏内はあったと思ってます。タイム差も1秒ないですからね。

 

その後は休養から、今年の門別開催スタートと同時に復帰して、2戦とも圧勝。復帰3戦目、満を持しての今週の帝王賞挑戦です。前回の大賞典が力試しなら、今回は本当の勝負だと私は勝手に思ってます。輸送に関しても把握したでしょうし、大井の2000も経験済み。今回は勝ちを意識したレースをしてくると思います。あとは気になるのはライバルたちですね。

 

王者2頭が回避!チャンス増!

当初今年の帝王賞は、超絶豪華メンバー集結みたいなレースだったんですが、直前になってゴールドドリームとルヴァンスレーヴが回避してしまって、中央競馬ファンとしてはポカーンとなっていることでしょう。ただ、フェブラリーS勝ちのインティもいますし、大賞典勝ちのオメガパフュームや絶好調のチュウワウィザードもいて、まずまずの強力メンバーだと思います。オメガパフュームなんかはここに照準を合わせてますから、かなり状態を上げて出てくるでしょうね。

 

ただ、やはりスーパーステションにとっては、ゴールドドリームとルヴァンスレーヴという東西横綱が休場となって、チャンスは広がったと思います。問題はインティとの先行争い。前走のインティのレースやスパステとの枠順を考えると、スタート次第でしょうが無理矢理ハナを叩いたりはなさそうな気がします。普通にスタートを決めれば、スーパーステションがハナ、インティ2番手で坦々と進む可能性もあるかなと思います。

 

個人的にはスパステとインティの一騎討ちを見てみたいです。そうなったら胸躍りますよね。なかなか難しいかもしれませんが。地方の馬が中央の馬をやっつけるには、逃げしかないと思っているので、スパステにはぜひアジュディミツオーのようなレースをやってもらいたいと思っております。

 

他の地方馬も注目!

ちなみにその他の地方所属馬も豪華。大井記念圧勝のモジアナフレイバー、移籍初戦のノンコノユメ、そして佐賀に移籍して頑張っているグレイトパール。他にもリッカルドやサウンドトゥルーもいて、みんな逃げずによく出てきてくれたなと思っています。キャプテンキングもちょっと見たかったですけどね。距離的に厳しかったんでしょうが。この中なら、やはりモジアナフレイバーが魅力的ですね。これもなかなか夢がある馬です。

 

 

ということで水曜の帝王賞、私は去年の大賞典に続いて現地に応援しに行きたいと思います。単複買います。大賞典の時より配当はつかないですかね。ついてほしいですけど。中央競馬ファンがJRA勢をたくさん買ってくれたらうれしいところです。