思ったより影響大きい?2023年からの「斤量1キロ増」。

競馬ニュース

2023年からJRAでは、主にジョッキーの体調面を考慮して、これまで斤量のベースにあった「牡馬57キロ・牝馬55キロ」という設定を変えて、「牡馬58キロ・牝馬56キロ」と、プラス1キロ加算されてレースが行われることになりましたね。東西金杯が行われた2023年の初日も微妙にレースに影響が出ていたような気がするので、今回はちょっとだけこれについて触れたいと思います。

東西金杯の結果

中山金杯はラーグルフ(56キロ)が抜け出し快勝。牝馬のクリノプレミアム(55)が2着で、フェーングロッテン(56)が逃げ粘って3着。京都金杯はイン強襲のイルーシヴパンサー(58)が差し切って、うまく立ち回ったエアロロノア(58)が2着。同じくインでうまく回ってきたプレサージュリフト(54)が3着。馬場や展開の影響もあるでしょうが、基本的にある程度ロスなく、好位からまとめた馬が上位にきた感じ。逆に外回しの差しはなかなか難しそうに見えました。そして予想が外れて申し訳ないです。

考えられそうな影響

単純に重い斤量の馬の負担が大きくなる

53キロが54キロになるのと、57キロが58キロになるのとでは話が大きく変わってきますからね。斤量を背負っているベテラン勢はなかなか厳しくなってくるはず。ただ調子さえ良ければこなせる斤量ではありますが。好不調によるパフォーマンスの振り幅が大きくなるかも。

軽量馬の台頭

重い斤量勢が苦戦すれば、それに伴って当然軽い馬たちは有利になってきますからね。若い馬、ハンデ戦の上がり馬・格下や、そして牝馬には追い風になりそう。

切れが鈍る

全体的に斤量が増えますから、馬によって差はあるものの、最後の直線でキレが鈍る馬は増えてきそう。例えばディープ産駒のような軽い走りをする馬たちは苦戦するケースも出てくるのかも。

馬券的な狙い目と今後

もちろん58キロでも楽に勝てる馬はいるでしょうが、これから一年トータルで考えると微妙に影響は出てきそう。馬場さえ良ければ、従来のような上がり32秒台決着もあるでしょうが、大きく見たら少しだけ上がり時計がかかるようになるとは思いますね。今年一年終わって、平均タイムの変化(特に上がり3F)がどれだけになるかは気になります。

ただダート戦では大きな変化はない気がしてます。斤量の影響は本当に僅差の決着の時に出てくると思うので、着差がバラけやすいダートよりも、接戦の多い芝の方が変わってくるはず。ダートはむしろ、パワーのある強い馬が強く勝つレースが多くなるのかも。

もし、このプラス1キロによる影響が想像以上だった場合、ジョッキーの乗り方もちょっと変わってきて、ポジション争いがより積極的に行われる可能性もあります。これまでも斤量を背負っている馬は早めに動く傾向はありましたし。どこまでかわかりませんが、極端なスローが減ってくる場合もあり得ますね。

これが定着していくと、おそらく地方競馬にも影響が出てきて、足並みを揃えるようになってくるでしょう。すでに冬場の船橋は、0.5キロ増でレースが行われてますし、あれが全国に拡大するはず。今後影響がどれだけ出てくるか、それともほとんど影響がないのか。今後の変動は気になりますね。

タイトルとURLをコピーしました