【2022重賞レース回顧】宝塚記念

レース回顧

宝塚記念

予想記事はこちら

抜群のスタートを切った2頭が1、2着。タイトルホルダーは最後まで自分のリズムで走り切りました。最近の強い馬と比べると、キタサンブラックに近い感じですね。パンサラッサが作る流れとも相性は良さそう。とにかくよーいドンは良くないと思うので。操縦性も上がってますし、このあと凱旋門挑戦なら楽しみです。海外には少ないタイプの馬だと思いますからね。

ヒシイグアスは好スタートからインに潜り込んで、脚をためて直線ひと足。確かに展開はうまくいきましたが、それでも緩まないラップの中で抜群の手応えでしたからね。勝負どころでもう少しスムーズに捌けていればもっと差はなかったかも。本調子で出走できるかが毎回カギですが、歯車が噛み合った時にG1を獲れるチャンスはあるかもしれません。

期待したエフフォーリアですが、古馬になってとにかくズブくなったなという印象。まったくついていけなかったですからね。ただゴール前はそれなりに伸びてはいましたし、メンタルの影響もありそう。次走もなかなか判断に難しくなってきました。パンサラッサはスタートでスムーズに先行できなかったのが痛かったですが、途中から自分の競馬をして7着なら頑張っています。やはり1800〜2000が良さそう。あとは道悪で1回見てみたいですね。鬼だと思うので。そしてマイネルファンロンがいつの間にか強くなっていますね。もし今回道悪だったら、予想にも少し書いたパンサラッサとの馬連•ワイドは面白かったかも。

タイトルとURLをコピーしました