【2022重賞レース回顧】フローラS マイラーズC 福島牝馬S

【2022重賞レース回顧】フローラS マイラーズC 福島牝馬S

フローラS

予想記事はこちら

平均的な流れ。勝ったエリカヴィータはインでロスなく立ち回ってそのまま抜け出し。キンカメらしくスパッとは切れませんが、長くいい脚を使った感じ。フェアリーSでのドタバタとは対照的なスムーズなレースで快勝。ただオークスでは決め手勝負でどうでしょうか。ある程度流れる展開の方が上位進出できそうで、2400だと伏兵候補かなという評価ですね。逃げて2着のパーソナルハイは本当にタフなレースぶり。オークスまでに体を回復させたいところ。

基本的に前残り。5着のルージュエヴァイユが惜しかったですね。展開は逆でしたし、直線もだいぶ塞がっていましたが、最後はいい脚。切れ味と勝負根性を持っている馬。もしオークスに出られたら重い印を打ちたい感じのレースだったんですが。本命だったホウオウバニラは前走最後甘くなったことを意識してか後方待機策。これですべて終わってしまいました。ためて弾ける馬でないのは明白なだけに残念でした。シンガリ負けのルージュスティリアはやはり難しそうな馬です。適性距離ではないでしょうが、今はマイルくらいの方が結果がいいかも。

マイラーズC

予想記事はこちら

雨で稍重。勝ち時計は1.33.3でしたが、最後は結構直線バタバタな感じで、映像だけ見たら35秒台くらいかかっていそうなレースでした。馬場適性が強く出たレースかなと思いました。シチュエーション的にはホウオウアマゾンには最高でしたね。ベステンダンクの2番手でいつでも行けるぞという感じで、ほぼ勝ったかというところで、連勝中の上がり馬・ソウルラッシュにやられてしまいました。

ソウルラッシュはスタート今ひとつでしたが、結果的に脚をためられたのが良かったかもしれませんね。他の人気どころが早めに動いて末をなくしたところを差してきた感じ。ルーラーシップの子供でパワーもありますし、いろいろと味方した感じもしますが、一気のG2制覇は凄いです。これから安田記念ということになれば、やはり31~32秒台での決着に課題はありそうです。

狙ったエアロロノアはもう少し外外で運べると思ったんですが、結果的に内に閉じ込められてしまいました。最後は詰めて来ましたし、こういう馬場も悪くはなかったと思いますし、もったいない競馬。カラテはどうやら落鉄していた模様で、次巻き返し十分。エアファンディタはこういう馬場はダメなんでしょうね。こちらは高速馬場がいい馬でしょう。馬場適性は大きいなと感じたレースです。もしこのレースが3月くらいの良馬場で行われてたら、結果は全然違ってたでしょう。

福島牝馬S

予想記事はこちら

本命に推したアナザーリリックが後方待機からきっちり差しきり。試行錯誤の近走でしたが、鮮やかに追い込んだ佐渡Sのような競馬が一番合う感じ。距離も今は1600~1800がベストな感じ。外差し傾向の今の福島も嵌まりました。決め手があるだけに、こういうタイプは展開次第で強い相手とも戦えたりしますし、ヴィクトリアマイルに出てきたら伏兵になりそうです。

そして2着クリノプレミアムも強い競馬でしたし、松岡のコース取りがほぼ完璧。直線内にささった分アナザーリリックに差された感じでしょうか。小回り1800はベスト。引退レースだったサトノダムゼルも最後いい脚で惜しい3着。ルビーカサブランカは出遅れて外から追い込んで5着。こちらはベストは2000でしょうし、レース内容が安定してきたので、マーメイドSあたりに出てきたら有力でしょう。

穴で期待したホウオウエミーズは追走に苦労してました。最後もしぶとく食らいついてましたが、ちょっとパンチ不足。1800がいい馬ではありますが、一発があるなら2000のハンデ戦とかなのかも。こちらもマーメイドSに出られたら注目したいです。