【2022レース回顧】金鯱賞 フィリーズレビュー 中山牝馬S 

レース回顧
bty

金鯱賞

予想記事はこちら

たんたんとしたペース。好スタートから先行したジャックドールが、そのままレイパパレをちぎり捨てレコード勝ち。本当にいい走り方をする馬ですね。一瞬の脚はないですが、ハナにさえ立ってしまえばそう簡単にスピードが落ちない感じ。この後は大阪杯でしょうか。これならという気もしますが、包まれると魅力半減のタイプ。同型に速い馬がいるとちょっと怖さはあります。

レース自体は後半が速くて、期待した差しのシャドウディーヴァ・ランブリングアレーには不向きの流れに。それでもランブリングアレーは来ましたけどね。レイパパレはやっぱり流れ込んだだけの感じ。決め手に欠きますね。ちょっとダートで見たくなってきました。アカイイトはこのスローでもきっちり3着ですが、他の馬が思いのほか走らなかったのは確か。

フィリーズレビュー

予想記事はこちら

前半が33.5で流れ、前残りを期待した私としてはお手上げの展開。差し決着で、体力も必要なレースとなりましたね。勝ったサブライズアンセム、2着ナムラクレアとも前走はマイル。4着のマイシンフォニーは前走1800。スプリンタータイプは壊滅と言う感じ。

勝ったサブライズアンセムと2着のナムラクレアの差はコース取りだけ。体重も増えてましたし、ナムラクレアは桜に向けて上々の滑り出し。アネゴハダは器用な馬ですが、重賞となるとパンチ不足ですかね。

中山牝馬S

予想記事はこちら

おなじみのロザムール・シャムロックヒルの先行でしたが、早々に隊列が落ち着いてスローの団子状態。本命のクールキャットはスタートで遅れて、あとは馬群の中で動けず終わってしまいましたね。抵抗する様子もなく、ただ回ってきただけという内容でした。その他も内で閉じ込められたら馬は、そのまま終わってしまった感じですね。

勝ったクリノプレミアム、2着のアブレイズともに外をスムーズに走れた分の好走。ミスニューヨークが前走ほど切れなかったのは距離とハンデですかね。枠順が変われば着順も一変しそう。

タイトルとURLをコピーしました