【2022重賞レース回顧】ヴィクトリアマイル 京王杯SC

【2022重賞レース回顧】ヴィクトリアマイル 京王杯SC

ヴィクトリアマイル

予想記事はこちら

終わって見ればソダシが圧勝。大きなストライドで、東京マイルはベストな印象。道中も何の不利もない形でしたし、完璧な競馬になりました。展開がごちゃつくと脆そうではありますが、すんなりだと強いですね。

ファインルージュも直線つまずきながらしっかり2着。こちらはどんな展開でも来る感じになってきました。反面いつも届かないですが、相当強いですね。結果的にはこの2頭が抜けていたのかも。

3着レシステンシア、4着ローザノワールは展開が向きました。特にローザノワールの田中勝にはしびれましたね。ミナレットを思い出す好走。ソングラインも展開が逆でしたがファインルージュと差はなかったですからね。これもレベルは高いです。

追い込み勢はノーチャンス。私の予想はまず道悪が残らなかった時点で厳しかったです。申し訳ありません。レイパパレは某氏の呪いもあったかもしれませんが、やはりスタートのつまずきは影響があったかも。ポジション取りには問題なかったと思いますが、メンタル面もあるんじゃないですかね。ヒモ穴で期待したメイショウミモザ・マジックキャッスルはブービーとシンガリということでひどい有り様となりました。馬場の読み間違えがすべてですね。

京王杯SC

予想記事はこちら

こちらも当然重~不良と思ってたら、衝撃の良馬場。一応本命のメイケイエールは勝ってくれましたが、ヒモ指名のリフレイム・クリスティ・シャインガーネットは切れ負けして不発。リフレイムは逃げて直線いつも通り馬場の真ん中に寄っていきましたが、最後はG2の瞬発力勝負で劣った感じ。上位入線馬はみんな33秒台で上がってますからね。決め手がない馬ではどうにもならないレースでした。

メイケイエールは道中懸命に前の馬の後ろに入れて、あとは能力だけで勝った感じ。性能なら頭2つは抜けてました。スプリンターズSが目標でしょうが、この夏でどれだけ馬が大人になるかですね。この気性を考えると、今は無理に消耗させず来年勝負という作戦もありだと思うんですけどね。

スカイグルーヴ、タイムトゥヘヴンは自分の競馬できっちり好走。コース取りも良かったですし、重賞実績考えると力通りと言えば力通り。ギルデッドミラーが大出遅れから最後勝ち馬と0.5秒差まで接近。スローペースで挽回しやすかったのもあって何とも言えませんが、多少オーバーな死んだふり作戦の方が案外能力は発揮できるのかも。当たり外れはありますけど。