2022 金鯱賞(中京)予想→ジャックドール5連勝十分◎ シャドウディーヴァ・ランブリングアレーの切れ味注意☆

中央競馬

金鯱賞(G2) 3月13日 中京 芝2000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

レイパパレの復活があるか、連勝中のジャックドールの重賞挑戦など見所満載。個性派も揃って、馬券的にも面白そうです。

嵌まれば一発

③ジャックドール藤岡佑56
⑦シャドウディーヴァ福永54

③ジャックドールは白富士Sでリステッド快勝。好枠ですし、自分の形に持ち込めれば5連勝でG2突破も可能。⑦シャドウディーヴァはさすがにジャパンカップ・有馬記念では足りませんでしたが、府中牝馬Sの末脚が強烈。距離短縮で一変もあり。

安定・堅実型

⑤ポタジェ吉田隼56
⑬サンレイポケット鮫島駿56

⑤ポタジェは前走の内容を見ると、やはり左回り2000がベストなのかも。条件はいいですが、詰めの甘さはつきまといます。⑬サンレイポケットは秋天4着・JC4着・京都記念3着と見た目はトップクラスの成績。ただ相手なりに走る印象は強いですね。勝ちきるまではどうでしょう。

展開次第で複勝圏

①ショウナンバルディ岩田康56
④ソフトフルート岩田望54
⑧アラタ大野56
⑪ステラリアデムーロ54
⑫ランブリングアレー藤岡康54

左回り2000で実績のある馬が揃った感じですね。実力馬のポカがあれば順番は回ってくるでしょう。

危険な人気馬

⑥アカイイト幸55
⑩レイパパレ川田56

⑥アカイイトはエリザベス女王杯勝ちの後、有馬記念でもそこそこ。実績では上位ですが、決め手勝負になると不安は残りますね。⑩レイパパレは大阪杯までの勢いがなくなってきてますからね。うまく言えませんが、父ディープより母父クロフネの要素が少し雰囲気が強くなってきてるかも。どこまで立て直されているか。

苦戦必至

②ギベオン西村淳57
⑨シフルマン荻野極56

②ギベオンは昨年奇襲作戦が嵌まった感じですが、今回は先行馬が多いですから。一発は難しいでしょうか。

逃げ・先行候補

  • ③ジャックドール
  • ⑨シフルマン
  • ⑩レイパパレ
  • ①ショウナンバルディ

この枠なら③ジャックドールが正攻法の競馬。⑨シフルマンも先行粘りこみタイプですが、ここではついていくのは辛いでしょう。⑩レイパパレはなかなか試行錯誤の現状ですし、ここは外から流していく感じ。①ショウナンバルディは岩田康ですし、インでジャックドールを尾行する感じですかね。ペースは落ち着くかも。

見解

4連勝中の③ジャックドールを素直に信頼。走りっぷりがいいですからね。なんだか今は逃げがトレンドな気がします。パンサラッサとはまた違うタイプで、一定のスピードで押しきる感じ。平均ペースさえ作れれば、そのまま押しきれると判断しました。

ビッグネームとしてはやっぱり⑩レイパパレですが、なかなか現状は一進一退という感じ。前よりジリっぽさが目立ってきましたし、ここも中途半端な結果に終わる可能性はあるかなと思ってます。その他⑤ポタジェ⑥アカイイト⑫サンレイポケットあたりが有力視されるでしょうが、このあたりもみんな詰めが甘いですからね。ここは切れ味のある馬に妙味がありそう。

となれば、気になるのが⑦シャドウディーヴァ⑫ランブリングアレーの牝馬2頭。⑦シャドウディーヴァは昨年の府中牝馬Sの上がり33秒1が強烈、⑫ランブリングアレーもヴィクトリアマイルで33秒1。どちらも嵌まった時の切れ味が凄いですし、頭数が手頃なのもいいですね。福永・藤岡康がどっしり構えて、直線一気に期待。

馬連・ワイドで③ジャックドールから⑦シャドウディーヴァ⑪ランブリングアレーへ。そして三連複フォーメーションで、そこから人気薄の①ショウナンバルディ④ソフトフルート⑧アラタ⑪ステラリアあたりまで流して高配当期待。①ショウナンバルディが最内で岩田康ですから怖いんですが、馬自体があまり内で脚をためてバッコーンと伸びる馬ではないんですからね。ただ、やっぱり岩田康ですし、ちょっとだけ期待しております。

馬連・ワイド ③-⑦⑪

三連複フォーメーション ③-⑦⑪-⑦⑪①④⑧⑪

勝負度 ★★★★☆

タイトルとURLをコピーしました