【2022重賞レース回顧】エプソムC 函館SS

レース回顧

エプソムC

予想記事はこちら

ノースブリッジが一見先行押し切りの形。ただ直前の雨がかなり影響した感じで、どの馬もスピードとか切れとか、持ち味をフルに発揮できなかった印象ですね。結局ノースブリッジが好位で自分のポジションを守って、直線で自然と先頭に立ってそのまま押し切った結果かもしれません。ただ悪い馬ではないですからね。これからも楽しみ。

2着ガロアクリークはうまく乗りましたね。外でポジションをキープ。直線まっすぐ向くまで動かず、馬場のいいところからしっかり伸びてきました。この競馬をジャスティンカフェが出来ていれば来ていたでしょうが、最後方からコースがなくなって、内で馬場の苦しいところに入ってしまったのがすべて。距離もギリギリでしたし、最後はノースブリッジに前をカットされて悔しい4着。外枠だっただけにまさかの展開ですね。当然この後は巻き返しもありそう。

函館SS

予想記事はこちら

期待したビアンフェですが、ハナに立つ時のスピードの乗りが今イチ。4コーナー手前ではもうおつりがなかったですね。逆に出脚が疑問だった3歳・ナムラクレアは、久々の1200でありながらあっさりと好位ゲット。50キロでしたし、あとは楽に抜け出すだけの圧勝でした。

ちょっとまだわからないですが、これから古馬混合戦での3歳馬の走りはかなり注目したいですね。というのも、そもそも現4歳・5歳のレベルがそれほど高いと思ってないからなんですが。4歳馬が良さそうに見えるのも、5歳のレベルがかなり控えめなだけじゃないかなと想像してます。これから秋に向けてどうなるか、ちょっと楽しみではありますね。

タイトルとURLをコピーしました