【レース回顧】2020 日本ダービー コントレイル無敗の2冠達成

【レース回顧】2020 日本ダービー コントレイル無敗の2冠達成

【レース回顧】

2020 日本ダービー…走るたびにディープに迫るコントレイル

1着 コントレイル

2着 サリオス

3着 ヴェルトライゼンデ

ウインカーネリアンが大外から逃げて、早々に隊列が決まりましたね。2番手3番手にコルテジア・ディープボンドというノースヒルズの2頭が追走。そのうちにコントレイルがつけて、ツールドフランス並みのチーム・ノースヒルズが結成。最内追走でしたが、包まれる不安はだいぶ少なかったでしょう。

ペースはそのままたんたんと流れ、各馬だいぶ引っかかり気味。サトノフラッグなんかは厳しかったですね。ラップのわりにみんなストレスのかかる展開で、精神的な強さが求められる展開になった感じ。結果、コントレイルの完成度の高さが他馬を大きく上回っての楽勝でした。父・ディープインパクトも早くから完成度が高かったですし、連勝しているせいかどんどん父に似てきた印象を受けます。さらにディープは2冠当時、最後方から外に出して一気の競馬一辺倒でしたが、コントレイルは先行・馬混みの競馬もすでに経験。弱点が少なく、その点ではディープ以上かもしれません。直線追い出して外に寄れたり、まだ若いところもありますね。精神的な成長がさらにあれば、ますます強くなりそう。

 

生まれた年が悪かったサリオス

サリオスは前に出すかと思っていましたが、後方で折り合いに専念。結果的にそれが最後の伸びにつながって2着。もう少し勝ちに行くかと思いましたが、前に出していたら最後甘くなっていたかもしれません。もうこれは、生まれた年が悪かったと言うしかないですね。秋はどうするんでしょうか。本質的には2000の天皇賞の方がチャンスがありそうです。3着以下は大混戦で、あまり順番の意味はないかもしれません。最後末脚が目立っていたのは4着サトノインプレッサ、7着ブラックホールですが、どちらも直線だけの競馬に徹した分の入着。それより6着のガロアクリークが好印象でしたね。3着争いに最後食い込んでいましたし、本来はマイル~2000くらいがベストの体型。菊花賞をめざす報道がありますが、個人的には中距離戦線がいい気がしてます。

 

私がコントレイルの相手に狙ったワーケア・レクセランス・コルテジアですが、どれも凡走で無念です。ワーケアは全体的にキレがない感じ。これからも「あと一息」の競馬が続くかも。レクセランスは好馬体ですが、やはりメンタルですね。コルテジアはコントレイルのサポートとしては100点でした。ただ瞬発力に欠けた感じで、ワンペースの距離でしぶとさを生かすレースの方が合うかも。