【2022重賞レース回顧】安田記念 鳴尾記念

【2022重賞レース回顧】安田記念 鳴尾記念

安田記念

予想記事はこちら

ホウオウアマゾンが逃げたものの、私の予想と反してタメ逃げ。上がり33.6の決着になってしまいましたからね。私の本命だったイルーシヴパンサーは、最後方で終始外のエアロロノアにフタをされる最悪のレース。そのエアロロノアが最後勝ち馬と0.2秒差の競馬をしていますし、外に出せていればスローペースでも間に合ったかもしれません。無念のレースでした。

勝ったソングラインはついにG1で不利なく走れた感じ。1400~1600の馬ですから、スローでスタミナを使わないになったのも良かったですね。シュネルマイスターはやはり強さを見せました。サリオスのマイナス22キロは、結局これが良かったということでしょうか。外枠でうまく立ち回れたのも良かったかも。

やはり全馬よーいドンになると、外の方が伸びる印象。使い込まれてきましたし、これからだんだんその傾向は強くなっていくでしょうね。

鳴尾記念

予想記事はこちら

休み明けのヴェルトライゼンデが一瞬の脚を生かして押し切り。直線抜け出してからふわっとしましたが、他に外からそれほど伸びてくる馬もいませんでしたからね。長期休養明けでしたが、これだけの切れ味が使えればこの相手なら勝ってしまうというところ。

2着が本命ジェラルディーナ。終始ずぶかったですね。それでも最後は牝馬の切れ味で間に合いました。ただ期待した先行3頭が馬券に絡めず。ちょっとペースを落とし過ぎた感じですね。安田記念もそうですが、逃げ先行タイプはスローに落とした方が有利だというのは幻想だと思うので、もう少し後ろの馬に脚を使わせるような先行をしてほしかったです。

サンレイポケットはどうしてもこうなってしまう感じの3着。カイザーバローズはやはりスパッと切れないですね。開催終盤で直線の長い新潟記念あたりが良さそう。