さらっと重賞回顧 2021→東京盃 レディスプレリュード お松の方賞 オータムカップ 瑞穂賞

さらっと重賞回顧 2021→東京盃 レディスプレリュード お松の方賞 オータムカップ 瑞穂賞

東京盃

先行馬がクルセイズスピリツだけという感じで、予想通りの固まった馬群。抜け出したのは大井1200でまったくダメだったサクセスエナジー。ノドの手術の効果も出てきたんでしょうが、他の馬が思ったほど力を発揮できなかったというのが最大の勝因かも。レッドルゼルもよく来てますが、やはり展開が逆。サブノジュニアも昨年の負けと似てますね。今年JBCが大井でやらないのが痛いです。

リュウノユキナはいい展開でしたが、直線で外に持ち出す不利。落ち着いた展開だと、あの程度のロスも痛いです。5着のワールドリングは、前半のポジションがもう少し楽に取れるようになってくると今後無双し始めるかもなと思いました。コパノキッキングは弾けなかったですね。ルメールは完璧に乗っていますが、良くも悪くも丸くなってきましたね。

レディスプレリュード

レーヌブランシュの行きっぷりが一変。好スタートから二番手追走、ものすごい手応えのまま逃げるクリスティを捕まえると、直線も末脚衰えず楽勝。ずぶい印象だっただけにびっくりでした。体が絞れていたのも良かったんでしょうが、馬自体が一気に上向きになってきた感じかも。これならこの先、牝馬ダート戦線の主役に立つことも十分。あとは高速馬場に対応できるかですね。

本命のクリスティはそのレーヌブランシュにびっしりマークされてしまったのが敗因ではありますが、ダート適性も思ったほどではなったのかも。もっと脚抜きのいい馬場なら多少違っていたんでしょうが。テオレーマ・ウェルドーンはこのくらいですかね。今後も展開の注文はつきそう。

今年のJBCは金沢の1500。距離が縮まりますし、今年の金沢のダートは高速。適性が重要になりそうです。クリスティが今回いい結果が出ていたならちょっと面白そうだったんですが。どんなメンバーになりますか。

お松の方賞

これでニュータウンガールの金沢マイスター説は確定と見ていいかも。輸送もいいタイプなのかもしれません。笠松でも良かったですし、時計の速い馬場がいいのかもしれませんね。

ネオアマゾネスはそろっと乗って、そろっと4着。全体的にそれほどやる気がなかったんでしょうか。シーアフェアリーはこのくらいでしょう。

オータムカップ

テーオーエナジーが楽勝。当然の結果ですね。一方連勝中で2番人気だったヒルノデンハーグは、勝負どころでついていけなくなり、そのまま勝ち馬から7秒離されてシンガリ負け。結局2着以下もサンライズフルメン・ミラクルシップが名古屋勢、4着のシャイニングデイズは中央からの移籍初戦と、やはり再開直後の笠松のA級はだいぶレベルが下がっている様子。これからしばらく笠松の交流重賞は競馬場を貸すだけになりそうです。

馬券的には最後まで迷ったサンライズフルメンを二列目から消してしまい大失敗。点数を考えてやめてしまいましたが、男らしくヒルノデンハーグを切ればよかったと猛省しています。

瑞穂賞

リンノレジェンドがまた急に走りましたね。淀みのない流れにして、消耗戦に持ち込んだ方がいい馬っぽいです。展開的にはリコーワルサーがどんぴしゃの位置にいましたが、直線終われるとイマイチなのは南関時代と一緒。外からルールソヴァール・クインズサターンが最後追い込んできましたが、さすがにあれだけ道中離されると難しいですね。

このレースをきっかけに、リンノレジェンドの得意の展開というのははっきりしたと思うんですがどうなんでしょう。道営記念は石川倭がどう乗りますか。