【ダイヤモンドS・2021・予想】ヒュミドール、東京替わりと斤量減で鬼脚◎

ダイヤモンドS(G3・ハンデ) 2月20日 東京 芝3400米

枠順・出走馬の戦力仕分け

①ナムラドノヴァン内田博53長距離適性発揮で重賞突破も
②ダノンテイオー津村53いきなり舞台変わりすぎか
③オーソリティ川田56前走グランプリの洗礼、ここなら
④ヒュミドール吉田豊55前走長距離克服、圧倒的に東京向き
⑤サトノガーネット岩田望55距離伸びて折り合えば決め手怖い
⑥ブラックマジック石橋脩54勢いあり、重賞初距離でも
⑦ミスマンマミーア松若53前走展開と馬場嵌まったか
⑧ジャコマル田中勝54斤量減ここも無欲の逃げ戦法か
⑨メイショウテンゲン横山典56昨年2着のデキにどこまで戻るか
⑩グロンディオーズ三浦54前走重賞で結果、長距離2度目で
⑪ボスジラ横山武56ベストは2400、脚の使いどころひとつ
⑫ワセダインブルー大野54そこそこの脚はあるが破壊力不足
⑬ポンデザールルメール54前走内容悪くない、まだ斤量有利
⑭タイセイトレイル北村宏55相変わらず伸びずバテずの堅実
⑮パフォーマプロミスデムーロ57.5一昨年天皇賞3着も状態気になる
⑯アイスバブル武藤55ズブいタイプ、大外も距離合えば
◎=勝ち負け、○=安定型、▲=一発、
△=複勝圏、?=危険、無印=苦戦

逃げ・先行馬・ペース予想(騎手・厩舎)

  • ⑧ジャコマル

他に逃げ馬はおらず、ジャコマルの逃げは濃厚。一昨年のサンデームーティエのような奇襲戦法も十分。

見解

人気は東京で重賞2勝の③オーソリティでしょうが、ここは初の3000超のレース。オルフェーヴル産駒で乗り難しさもあるかと思います。ここはこの距離、そして東京適性を評価して重賞2度目の④ヒュミドールから入りたいです。

前々走のノベンバーSで鬼脚を披露して差しきり。前走のステイヤーズSは初の重賞で未経験の長距離戦、厳しい条件でしたが結果は5着と健闘。今回は前々走勝ちの東京コースで、3000超のレースも2度目。斤量も1キロ減りますし、あらゆる面で条件が好転。内枠で脚をためられれば一発ありそうです。

ここは④ヒュミドールの単勝と馬連流しで④ヒュミドールから、①ナムラドノヴァン③オーソリティ⑤サトノガーネット⑥ブラックマジック⑧ジャコマル⑨メイショウテンゲン⑩グロンディオーズ⑪ボスジラ⑬ポンデザール⑭タイセイトレイル⑮パフォーマプロミス⑯アイスバブルと手広く。一応③オーソリティが最有力ですが、配当的に微妙なのでここは押さえまで。⑪ボスジラ⑮パフォーマプロミスもそこそこ売れそうですが、⑪ボスジラは緩急の効いたレースは若干不安、⑮パフォーマプロミスも斤量と外枠が気になるところ。それなら⑧ジャコマルの大逃げ、①ナムラドノヴァン⑩グロンディオーズあたりの勢いに期待したいです。

単勝 ④

馬連流し ④-①③⑤⑥⑧⑨⑩⑪⑬⑭⑮⑯

勝負度 ★★★☆☆

コメント

  1. […] ダイヤモンドS(2月20日・東京) […]

タイトルとURLをコピーしました