【2022重賞レース回顧】NHKマイルC 新潟大賞典 京都新聞杯

【2022重賞レース回顧】NHKマイルC 新潟大賞典 京都新聞杯

NHKマイルC

予想記事はこちら

ジャングロがゲート突進で出遅れ。武豊がハナに立っていればレースは落ち着いたでしょうが、目標を失って若干ごちゃごちゃしたかも。若干外の方が馬場も良くて、最後は脚をためてスムーズに外を走ってきた3頭が上位。

ダノンスコーピオンは結果大外枠が良かったかも。馬群に入っていればアウトでしたね。マテンロウオリオンは出遅れましたが1勝クラス勝ちの時のような開き直った追いこみ策で2着。最低人気のカワキタレブリーの3着はビックリ。追ってしぶとい馬ではありますけどね。ゴール前の脚は一番でしたし、そもそも力の差がないメンバーだったということでしょう。

崩れないと思ったセリフォスは、折り合いを欠いたのと内でごちゃごちゃしたのが敗因。あとはやっぱりダイワメジャーですから、最後甘くはなってしまいましたね。穴で期待したトウシンマカオは逃げて直線半ばまで頑張りましたが最後は力尽きました。1400がベストではありますかね。ソネットフレーズもいきなりこのハイレベルなレースではきつかったですし、プルパレイも悪くない位置でしたが伸びず。もっと極端なレースをした方がいい馬かもしれませんね。

新潟大賞典

予想記事はこちら

こちらも比較的外伸びの馬場。最初の3コーナーあたりで内が詰まってかなりごちゃごちゃしてましたから、結果外を回った馬が良かったですね。マイルCと似てます。レッドガランは馬の行く気に逆らわず出していって、そのまま直線の4頭併せを凌ぎました。最後は根性比べ。イチかバチかで狙った長期休養明けのトーセングランは直線でスタミナ切れ。

上位で次期待できるとしたらステラリアですかね。詰まってポジションが下がって外に出して、また詰まって内にふらふら進路を変えてからの5着。やはり力はある馬です。ヤシャマルも毎回頑張りますし、外から早め抜け出しで4着に粘ったモズナガレボシも行きっぷりがよくなってきました。菱田らしい良い騎乗でしたね。

京都新聞杯

予想記事はこちら

これは私が思った展開と全く逆に出てしまいました。当たったのはブラックブロッサムがそこまででもなかったということだけ。行った行ったを期待したんですが、最初の1Fを除いて、一番遅いラップが12.1ということで、まったく息がつかないままゴール。どの馬も高速馬場を意識して動いた結果でしょうね。メイショウラナキラには厳しい流れになりました。ポッドボレットはメンタルの問題なのかなと言うシンガリ負けでした。相当のんびり走らせた方がいい馬なのかもしれませんね。

アスクワイルドモア・ヴェローナシチーともキャリア豊富。強敵相手に叩かれてきた馬たちですからね。メンタルが強かったのかなという印象。ポルトグフーシュは展開的にはハマりましたが、4コーナーで大外を回らざるを得なかったのが痛かったですね。

2分9秒台で、レースの上がりが35秒6。なかなかきつい競馬で、ダービーがもし消耗戦になるようなら、この2頭はなかなかいいかもしれないですね。毎回相手なりに走って、外から早め先頭に立って粘った2着ヴェローナシチーは特に面白い存在になりそう。