【2022重賞レース回顧】大阪杯 ダービー卿CT

レース回顧

予想記事はこちら

リフレイムが行って他の馬も結構ついていきましたね。流れが緩むこともなく、前の馬には厳しい展開。最後は後方で脚をためていたタイムトゥヘヴン・フォルコメンが揃って馬群をごぼう抜き。はやめに仕掛けた分、最後甘くなったフォルコメンをタイムトゥヘヴンが捕らえたところがゴール。直線も横一線でしたし、展開がすべてのレースでした。

流れ的には4着のグラティアスが早めに抜け出して良く頑張ったように見えますが、じゃあ流れが向いて先行有利の展開だったとして勝てたのかというと、それもまた想像はしにくいですね。私の期待したダーリントンホールはやはり好調なようで、ここでもきっちり3着には来ましたが、これもまたパンチ不足。もう1頭の軸・ボンセルヴィーソは展開が逆でしたし、終始インでストレスのかかる競馬。難しいレースになってしまいました。

Bコースに変わって、なんだか外が伸び始めましたね。ずいぶん露骨に変わったもんです。皐月賞までこの調子で行くのかどうか。

予想記事はこちら

まずエフフォーリアの大敗についてですが、これはもう馬にスイッチが入らなかったとしか言いようがないですね。まったく見せ場がなかったですし、あそこがこうだったとか、そういうレベルの負け方ではないです。大昔になりますが、イメージとしては京都大賞典でスペシャルウィークが謎の大敗をしたことがありますが、あれに近い感じ。初の阪神・初の長距離輸送とかいろいろ敗因はありそうですが、正直よくわからないですね。意外と次のレースに出てきたらケロッと普通に走ってきそうな気もしますが。

ジャックドールの5着は、私は初のG1・展開など総合するとよく頑張っているかなと思います。ワンペースの走り方ですし、条件さえフィットすればG1を勝ってもおかしくないです。逃げ・先行馬ではありますが、やっぱり東京みたいな直線の長いコースの方がレースはしやすそうですね。

と、人気2頭が馬券外に飛び、レースレベルががくんと下がりまして、結果ポタジェに順番が回ってきた感じですね。堅実さが実を結びました。レイパパレはもう少し雨が降ってくれれば勝っていたでしょう。ヒシイグアスはいい感じで外から来ましたが、最後は息切れ。なかなかベストの状態で走れないですからね。それでこれだけ走れるのは立派。態勢が整って宝塚あたりに出走してきたら、重い印を打ちたいです。

タイトルとURLをコピーしました