2019 笠松 クイーンカップ 兵庫勢優勢か…チャービル◎

2019 笠松 クイーンカップ 兵庫勢優勢か…チャービル◎

木曜は各地で重賞が行われますが、時間的にまず最初に行われる重賞が笠松のクイーンカップです。東海地区の牝馬と言えば、エムエスクイーンやゴールドリングですが、今回は出走してきてません。そうなると地元馬よりも遠征馬優勢でしょうか。さっそくメンバーをざっくり仕分けてみます。(仕分けについてはこちら

 

【勝ち負け】③リリコ⑥チャービル

やはり兵庫勢の2頭はレベルが高いです。③リリコは勝ちきれないレースが続いていますが、今回はメンバーが弱化。ここなら勝ちまであるでしょう。⑥チャービルはここに来て急上昇。前走の兵庫ダービーはさすがに跳ね返されましたが、今年の兵庫の牡馬はレベルが高そうなので仕方ないところ。脚質的に前を見ながらレースができるのも強みです。

 

【安定型】①ユウストレート

目下3連勝ですが、兵庫勢と比べると戦ってきた相手が落ちるのはまちがいないです。ただ、元々堅実型で、展開にも左右されないタイプでもあります。笠松も走ってますし、大崩れはないかなと思います。

 

【嵌まれば一発】②ライトリー⑩ナラ

②ライトリーも4連勝中ですが、こちらは馬格があって、うまく立ち回ればなかなか止まらさそうな馬。いい枠を引きました。全国を転戦している⑩ナラですが、元々の能力は高い馬です。体重が一時かなり減っていましたが、ここに来て持ち直してきました。前回の競走取り止めがいい休養になれば、一発があるかもしれません。

 

【展開次第で複勝圏】④ワイエススカイ⑤ビーコンプリート⑦メモリーパール⑧ミエルミエーレ⑨タイムメイテル

3着くらいなら、その他の馬はすべてありえるというレースです。どの馬もよほど展開が嵌まらないという感じではありますが。ただ時計などを比べると、東海勢同士ならは少なくとも①ユウストレートと比べてもそれほど差はないメンバーではあると思います。⑧ミエルミエーレは未知ですね。

 

【危険な人気馬】 なし

もしここに入れるなら①ユウストレートでしょうか。この馬の単勝・三連単1着が売れるなら、他の馬を買うメリットも出てきそう。

【苦戦必至】なし

 

 

まとめ

本命は⑥チャービルでいきます。前走は2周目の3コーナーからまくりましたが最後はスタミナ切れ。1870の距離が長かったのもありますし、相手も強かったです。中央交流での勝ちっぷりを見ると、マイルくらいがベストだと思いますし、のじぎく賞で大井のグレースレジーナを破っている力を評価して◎。ペースも少し速くなるかなと思ってますので、うまくはまりそうな気がします。

 

⑥チャービル1着固定の三連単で勝負したいです。2着は③リリコが有力で、リリコが負けるなら②ライトリーか⑩ナラで。まずこの3頭に流します。あと1着⑥チャービル、2着③リリコから、その他の馬への三連単総流しも買いたいです。ちなみに①ユウストレートですが、この馬が③リリコに勝つというのがどうもイメージできないので、ここは兵庫勢のあとの3着候補までにしておきます。

 

三連単1着固定流し ⑥→②③⑩

三連単1着2着固定流し ⑥→③→①④⑤⑦⑧⑨

勝負度 ★★★☆☆