新たな試み…「出走馬の仕分け」で競馬予想。

新たな試み…「出走馬の仕分け」で競馬予想。

このブログも始まって1年と数ヶ月経ちましたが、今回からちょっと新しいことをやってみようと思います。それは、「出走馬の仕分け」です。そのレースの出走馬の能力やこれまでの着順・レースパターンを考えて、このレースでその馬はどんな立場にあるかを、ある程度オッズを意識しつつ仕分けて行く、というものです。

 

仕分けることで、レース全体を客観的に見やすくするというのが最大の狙いでございます。イメージとしては、レースの天気図を作る感覚でしょうか。先日の帝王賞で、興奮気味にスーパーステションを本命にして撃沈した私が言うことでもないんですが、一頭に着目して馬券を買うのは良くないかなと思いまして。全体像をつかんで、そこから馬券作戦を組み立てたいと思います。

 

仕分けするジャンルは、大きく6つに分けようと思ってます。その項目はこちら。ひとつひとつ簡単に説明したいと思います。

 

  • 【勝ち負け】文字通り1着候補。
  • 【安定型】勝ちきれるかはわかりませんが、上位に顔を出す確率が高そうな安定タイプの馬。
  • 【嵌まれば一発】成績的にはムラがありますが、流れが向けば1着までありそうな馬。ある程度先行力や瞬発力を持った馬。
  • 【展開次第で複勝圏】うまく展開が合えば、勝てないまでも複勝圏内には来そうな馬。ジリっぽいタイプ。
  • 【危険な人気馬】これは一見、人気になりそうな馬ですが、実はウィークポイントもあって飛ぶ可能性もありそうな馬。
  • 【苦戦必至】今回はちょっと馬券に絡むのは難しそうな馬。

 

これらの項目に出走馬をそれぞれ分けていくんですが、レースによって例えば、【勝ち負け】の馬が一頭もいなかったり、【展開次第で複勝圏】の馬がやたらいたりとバラつきが出てきます。このバラつきで、そのレースが本命馬が強そうなレースか、展開次第で何が来てもおかしくないレースなのか、判断していきたいと思います。攻めるべきレースか、守るべきレースかの判断にもなりますね。

 

ちなみに【危険な人気馬】には簡単に該当する馬を入れない予定です。ただ、もし該当馬がいたら、それは大荒れの可能性も十分あるレースということになってきます。もちろん勝ってしまうかもしれませんが、この馬を外して買う価値のあるレースだということです。

 

 

最終的にこの仕分けに基づき、展開や馬場などを考えて予想を組み立てていく感じですね。早速次回から試しにやってみたいと思います。どうなりますか。