2018・東京プリンセス賞…プロミストリープ◉…穴にミスマンマミーア

2018・東京プリンセス賞…プロミストリープ◉…穴にミスマンマミーア

さきほど羽田盃が終わりまして、当たりましたけど馬単が裏となってしまいましたね……。しかしレース展開がまったく予想外の中で、リコーワルサーの森騎手は素晴らしい騎乗だったと思います。さて、明日は牝馬クラシック第2戦・東京プリンセス賞。◎は⑦プロミストリープです。これはしょうがないです。

 

 

南関移籍初戦の浦和・桜花賞は4コーナーでズブいところを見せました。それで最後のあの脚ですから、あの感じであれば距離延長も大丈夫そう。やはりモノが違う感じですね。多くは語らなくていいですね。ぐりぐりの◉でいいと思います。

 

相手探しですが、その桜花賞で2着だった⑧グラヴィオーラはやはり有力。門別から移籍初戦の川崎で大敗した後に、大井の東京2歳優駿牝馬で一変したところを見ると、やはり右回りの方が良さそうです。あのレース当時、私も単勝1点で買っていたので、あれはいい大晦日となりました。そんな思いも込めて相手の一番手。

 

⑥パパドブロスは前走が転厩初戦。きっちり勝ち上がりました。相手は軽かったですが、大井の1800を経験してるのは強み。それまでのレースも、ゴールドパテック、リコーワルサー、エターナルモールといった重賞勝ち馬と走っていますし、格負けはしないはず。先行力も武器です。

 

もう一頭、大穴として⑭ミスマンマミーアを挙げておきます。元々は門別でトップクラスの評価をされていた馬。芝馬のイメージもありますが、フローラルカップではストロングハートに勝ってますし、時計の速いダートで右回りなら一発あってもいいと思ってます。前走の大敗は明らかに叩き台ですし、気にしなくていいでしょう。

 

三連複フォーメーションで、1頭目にプロミストリープ、2頭目にグラヴィオーラ・パパドブロス・ミスマンマミーア。3頭目には⑥⑧⑭の他、④ビクトリアペガサス⑤ストロングハート⑨ミスサハラ⑪ゴールドパテック⑮シングンレガシイ⑯レッドウルルで。組み合わせによってはガミりそうですが、ここは怖がらずに、シンプルに行こうと思います。

 

三連複フォーメーション

⑦-⑥⑧⑭-⑥⑧⑭④⑤⑨⑪⑮⑯

自信度 マンマミーアしたいです。