2018 羽田盃・東京プリンセス賞 レース回顧…今年の東京ダービーが楽しみすぎる!

2018 羽田盃・東京プリンセス賞 レース回顧…今年の東京ダービーが楽しみすぎる!

羽田盃・東京プリンセス賞が終わりました。この先に控える東京ダービーが楽しみになる結果になったのではないでしょうか。それぞれ振り返ってみたいと思います。

 

羽田盃……ジョッキーの判断力が上回った1着2着

羽田盃は人気のヤマノファイトが快勝。2着は私の本命でしたリコーワルサー。ただ予想と違ったのは両馬が先頭2番手でレースを進めて、そのままゴールしてしまったということ。単純にスローペースにでしたし、強い馬があの流れで先行したら他の馬は手も足も出ません。ヤマノファイトも本来逃げ馬ではないですし、リコーワルサーも差しのイメージでしたから、スタートした後に先行するという判断を下した本橋・森両騎手は素晴らしかったと思います。

 

ハセノパイロもだいぶ調子が戻ってきたのか、この馬らしい脚でしぶとく3着。ダービーも展開ひとつでしょう。4着のモジアナフレイバーは惜しかったです。スタートが少し遅れて後ろからの競馬、途中追い上げて4コーナーでは先頭グループに追い付きましたが、最後は一杯。ただ内容としてはダービーが楽しみになるものでした。この4頭の力が抜けていたように思えます。その他、伏兵勢はこの流れではお手上げでしたね。シンガリ負けのワグナーコーヴは、自分のレースができない場合の脆さを露呈しました。

 

東京プリンセス賞……大井の女王・グラヴィオーラ

東京プリンセス賞は、断然人気のプロミストリープを4コーナーでとらえたグラヴィオーラが、最後は大本命馬に7馬身差をつけて圧勝しました。これで東京2歳優駿牝馬に続いて、S1・2勝目。あの時も強かったですが、今回はそれ以上。4コーナーでの手応えは、恐ろしいほどでした。左回りも走れなくはなさそうですが、やはり右回りになると馬が変わります。「大井の女王」と言ってもいいかもしれません。時計も速く、文句なしの内容でした。

 

プロミストリープは今回は早めの競馬。ペースもゆったりしていたので悪くはなかったですが、追って今一つでした。それでも3着にはまた7馬身つけてますから、能力は出してるのかも。とにかくグラヴィオーラが強すぎました。グラヴィオーラのライバルであったストロングハートは、太めもありましたが逃げて直線一杯。だいぶライバルに差をつけられてきた感じです。3着ゴールドパテックは、ようやく持ち前の末脚が発揮できた感じ。浦和が苦手なんでしょうかね。私が穴として推したミスマンマミーアは、外から内に入れて、4コーナーで大外に出した時にはほぼ最後方な感じでした。ちぐはぐな競馬でした。

 

東京ダービーはどうなる

さあ、この結果をふまえて東京ダービーの展望ですが、やはりそれぞれのレースの上位馬が有力になってきそうです。プリンセス賞組が関東オークスに直行するのかどうかわからないですが、グラヴィオーラなんかは大井でこその馬でしょうから、東京ダービーは出てくるでしょう。

 

羽田盃の勝ちタイムが1.53.7、東京プリンセス賞が1.53.1。同じ不良馬場ですが、これは単純に比較できないと思います。羽田盃の日の方が馬場はパワー型で、若干時計もかかっていた気がしますし。ただグラヴィオーラの勝ち方は、間違いなく牡馬相手でも有力になりえるものでした。

 

そしてどちらのレースも、比較的ペースが落ち着いていたというのも印象的。これはダービーでは一変する気がします。モジアナフレイバーは、今度はスタートを決めて先行したいところでしょう。ワグナーコーヴあたりも、ダービーに出てくれば玉砕戦法を打つ気がします。さらにそこに、先日の東京湾カップを逃げきったクレイジーアクセルという馬が出走してくる可能性があります。そうなれば、ダービーはかなりペースがはやくなるんじゃないでしょうか。そして距離も200メートル延長…これはうずうずしてきますね。

 

ということで、東京ダービーが楽しみでしょうがないですね。いくらでも買い様がありそうなレースになると思います。今度は穴党の出番もあるかも。私はもしグラヴィオーラが出るなら、やっぱりグラヴィオーラかなって気がします。あと、ここ2戦うまくいったヤマノファイトよりも、モジアナフレイバーの上昇度が魅力じゃないでしょうか。そしてリコーワルサー・ハセノパイロあたりは混戦に強そうですし、上位に顔を出してきそうです。あとは死んだふりをしてる馬の台頭…トーセンブルなんか匂いますね。これから楽しみに、東京ダービーの日を待ちたいと思います。