2022 道営スプリント(門別)予想→スティールペガサス・アザワク有力ですが、馬券はトウカイオルデンの単複で☆

地方競馬

道営スプリント(1着賞金1000万円) 11月9日 門別 ダート1200米)

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

③スティールペガサス桑村真57

今年の門別短距離をリード。安定感抜群。

嵌まれば一発

⑧アザワク石川倭55
⑩イダペガサス服部茂57

⑧アザワクは同型不在。2連覇もあり得そう。⑩イダペガサスは休み明けが気になりますが、休養前はかなり強い相手とやってますからね。調整は順調なようですし、まずまず走ってきそう。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

①トウカイオルデン落合玄57
⑤スマートアヴァロン吉原寛57
⑥ジャスパーシャイン阿部龍57
⑨ヤマノファイト井上俊57

展開待ちと言ったところ。⑥ジャスパーシャインは一昨年の追い込み勝利からパッとしないですからね。どこまで追い上げられるか。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②ヒラソール山本咲57
④リョーノテソーロ小野楓57
⑦カツゲキダイオウ五十冬57

②ヒラソールは連続取消。状態が心配ですね。

逃げ・先行候補

  • ⑧アザワク
  • ③スティールペガサス

明らかに⑧アザワクの単騎。楽に行かせたくないですし、③スティールペガサスはアザワクだけを見てレースをする形になりそう。ひょっとしたら多少強引にでも削りに行く可能性もありそうですね。怖いのはその後ろの馬ですが。

見解

優勝争いの焦点は⑧アザワク③スティールペガサスの先行争いで、どちらかが勝つ可能性が高いでしょうね。③スティールペガサスが強引に勝ちに行った時の差しが怖いですが、追い込みの⑥ジャスパーシャインもだいぶズブくなってきましたからね。⑩イダペガサスも平均的な脚を使う馬で、全体的にスティールペガサスより下な感じですし、やはり勝つのはどっちかかなというところ。

ただ、どちらもおそらく人気になりそうで、馬券的にはあまり惹かれないですよね。撤退したいくらいですが、ちょっと遊びで買いたいのは①トウカイオルデン。JRA時代は芝→ダートの中距離路線で、移籍当初も中距離中心。ただここに来て短距離を2つ使って面白くなってきました。特に前走の大外一気はびっくり。1000とは言え、最後方から上がり35.3の脚で、アザワクを追い詰めての2着。あの内容を見るとここも脚をためてためての作戦になりそう。落合玄が一発狙ってくれないですかね。

①トウカイオルデンの単複。メインは複勝で、倍率がどのくらいになりますか。5〜6倍を願っているんですが。エトワール賞のフジノパンサーみたいな追い込みが決まったりして、うっかり単とかないですかね。シチュエーションは似ていると思うんですが。

単勝・複勝 ①

勝負度 ★☆☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました