2018・ヴィクトリアマイル、現段階での分析・・・カワキタエンカの逃げ魅力。

2018・ヴィクトリアマイル、現段階での分析・・・カワキタエンカの逃げ魅力。

今週も府中ではマイルG1、ヴィクトリアマイルが行われます。NHKマイルカップに続いて、今週もなかなかの混戦な感じですね。メンバーをざーっとチェックしてみます。

 

まずG1馬ですが、5頭揃いました。アエロリットは昨年NHKマイルカップを勝ち、古馬になって今年初戦の中山記念で男馬相手に2着と好走。かなりのプラス体重でしたが、展開もうまく噛み合ってきっちり走りました。NHKマイルカップと同じコースですし、叩き2戦目でさらに力を発揮できるでしょう。昨年の覇者、アドマイヤリードもここにきてようやく復調してきました。切れ味が生きる舞台なら今年も絡んできそう。ソウルスターリングは逆に、オークス後はチグハグな競馬が多いですね。前走もまさかの惨敗。今回唯一の望みは府中コースでの変わり身です。桜花賞馬・レッツゴードンキは最近だと1200~1400で活躍。過去のヴィクトリアマイルも2年連続大敗だっただけにどうなりますか。レーヌミノルも最近は1200中心で、上がり目にも乏しい気がします。

 

これらのG1馬に対して、今期好調の馬たちも揃っています。4連勝中のミスパンテールは中山・京都・阪神と牝馬重賞3連勝。それも横山典弘のマジックもあって、逃げ差し自在の勝ち方。イケイケ状態です。リスグラシューも今年、同じ舞台の東京新聞杯を勝っていて、府中1600が向いているのは間違いないです。武豊の手綱さばきも魅力。おそらくこの2頭と、アエロリットが人気の中心になるんじゃないですかね。しかし他にも一発屋というか、伏兵は大勢います。思わぬ伏兵が台頭するレースですから、なかなか馬券検討は難しいかもしれませんね。

 

ひとまず、私の現段階での本命はアエロリットです。最大のセールスポイントは、他の有力馬に対して主導権を握れそうなところ。今回はカワキタエンカというスタートの速い逃げ馬がいますから、その後ろにすっとつけられると思います。毎年ヴィクトリアマイルはそんなに速くはならないイメージなので、展開も向くのではないでしょうか。軸はこの馬から入りたいです。

 

そしてもう一頭、現段階でアエロリットとの三連複2頭軸で考えているのは、その逃げ馬、カワキタエンカです。ここに来ての成長が大きい馬だと思います。すんなりと先頭に立って、アエロリットと仲良くレースを進められれば、一緒に残ったりするんじゃないかと期待してます。同型が競りかけてきた前走の福島牝馬Sより、今回の方が距離は短くなりますが展開は落ち着くでしょう。マイル不安説もありますが、三走前の1600の洛陽Sは道悪だったせいか、直線もあまり無理してませんでした。秋華賞はなかなかきつい流れで5着に粘ってますし、G1でやれる力は十分。この2頭の粘りに期待したいです。

 

この2頭から、総流しで行こうかなと考えてます。やはり東京の1600は、逃げ先行馬がこわいですからね。カワキタとアエロリットが、そんなにペースを緩めず平均くらいで流れてくれると楽しいですね。その他の有力馬は力が接近してますから、展開ひとつでいくらでも順番は変わるでしょう。差し勢の中ではやはりリスグラシューが一番かなとは思いますけどね。ヴィルシーナやホエールキャプチャみたいに、クラシックで勝てなかった馬が勝つレースでもありますし。ミスパンテールは連勝してはいますが、少し脚の使いどころが難しいタイプかなと思うので、東京が向くかどうかが若干半信半疑ですね。ソウルスターリングが来たらお手上げですかね。しょうがないって感じです。

 

ちなみに伏兵勢ですが、エテルナミノル、クインズミラーグロ、ジュールポレール、デンコウアンジュ、ラビットラン、リエノテソーロ、レッドアヴァンセ、そしてレーヌミノルと……何かやりそうな雰囲気の馬がひしめいてますね。手広くいきたいです。直前の最終予想は前日か当日にアップしたいと思います。