中央競馬

2023 ダイヤモンドS(東京)予想→ミクソロジーは斤量増・東京不安…

中央競馬

ダイヤモンドS(G3・ハンデ) 2月18日 東京 芝3400米

出走馬・仕分け

有力◎

なし

年に一度の3400のハンデ重賞。簡単ではないです。

安定

なし

勝ちまで▲

②シルブロンルメール55
④ミクソロジー西村淳56
⑪スタッドリーモレイラ56
⑮ウインキートス横山和55

②シルブロンは前走中山で勝ちましたが、東京ならさらにパフォーマンスが上がりそう。④ミクソロジーは万葉Sが着差以上の内容。今回は相手強化と斤量増が課題ですが、勢いは一番。⑪スタッドリーはAJCCがそこそこ頑張りましたし、今回はモレイラですからね。⑮ウインキートスは今度こそラストラン。実績は一番ですが、状態がどうでしょう。

展開次第で複勝圏△

③トラストケンシン丸田54
⑤ヒュミドール田辺56
⑥アスクワイルドモア田中勝56
⑧レクセランスバシュロ56
⑨ヴェローチェオロ戸崎56
⑫マリノアズラ横山武53
⑯ベスビアナイト石橋脩55

流れや馬場が向けば上位進出も可能ですね。ただみんな詰めは甘いタイプ。

危険な人気馬※

なし

苦戦必至…

①キスラー内田博54
⑦カウディーリョ大野56
⑩メイショウテンゲン木幡巧55
⑬タイセイモナーク三浦53
⑭トーセンカンビーナ江田照56

正直、オープン特別級かなという印象ですね。

馬群予想

タイセイモナークが行ってウインキートスが番手有力。3400戦ですし、ペースは遅いながらも隊列は縦長。インで流れに乗って淡々と走れそうな馬が良さそう。

見解

内枠に入ったルメールが、おかしな乗り方はしないかなということで、中心は②シルブロン。前走中山でヴェローナシチーに勝ちましたが、そもそもは東京で実績のあった馬。長くいい脚を使いますし、内で流れに乗れば自然と上位に顔を出してくるはず。

これと人気を分けそうなのが④ミクソロジーですが、今回は重賞で斤量3キロ増。小柄な馬だけに余計に負荷が大きい気がしますし、さらに初めての東京コースもちょっと不安。母父・アフリートとなると、それほど速い上がりがあるとは思えないですし、瞬発力勝負となると心配ですね。

②シルブロンから馬連で③トラストケンシン④ミクソロジー⑤ヒュミドール⑥アスクワイルドモア⑧レクセランス⑨ヴェローチェオロ⑪スタッドリー⑫マリノアズラ⑮ウインキートス⑯ベスビアナイトへ。実績では⑮ウインキートスですが、今回が引退レース予定で、ちょっと走りも最近下降気味。これも取りこぼせば、もうあとはいろんな馬にチャンスが出てきますね。少しでも高目を期待。

馬連流し ②-③④⑤⑥⑧⑨⑪⑫⑮⑯

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました