2022 有馬記念 枠順確定前の登録馬仕分けをしてみました。

中央競馬

今週末はいよいよ有馬記念ということで、今回はいつもやってる仕分けを登録の段階で記事にしてみますよ。毎年枠が重要な有馬。枠順確定前ですから、ゲート番次第で最終の仕分け評価は変わってきます。現段階でどの枠が理想かも含めて、いろいろ書いてみます。

有馬記念・登録馬仕分け

有力・勝ち負け

なし

嵌まれば一発

イクイノックスルメール55
ヴェラアズール松山57
ジェラルディーナCデムーロ55
ジャスティンパレスマーカンド55
タイトルホルダー横山和57

イクイノックスは中山2500ですから、できれば内でコンパクトに立ち回りたいはず。それでいて包まれたくもないですからね。ルメールならうまくやりそうですが、どうしますか。ヴェラアズールはJCで苦しいところから抜け出して勝ちましたが、あれが理想なわけはないでしょうからね。小回りだけに極端な外は嫌でしょうし、馬場の真ん中を走れそうな並びがいいですね。ジェラルディーナは挑戦者の立場。オールカマーで内伸びしてますから、内枠なら腹を決めたレースをしそうですが、Cデムーロだとちょっとポジションを取りに行く可能性もありますよね。ジャスティンパレスは脚をためて決め手を生かす競馬。特に内外は気にならないかも。あとは前が開くかどうか。タイトルホルダーはタイトルホルダーですからね。タイトルホルダーのレースをするのみ。タイトルホルダーらしい走りができるか。それがタイトルホルダー。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

イズジョーノキセキ岩田康55
ディープボンド川田57
ブレークアップ戸崎57
ポタジェ吉田隼57
ボッケリーニ浜中57
ボルドグフーシュ福永55

イズジョーノキセキは岩田康ですからね。これは内か外かでだいぶ話が変わってきます。もし内を引ければ僅かにチャンスが出てくるかも。逆にディープボンドは器用な脚がないですから、内だと相当大変。ブレークアップ・ポタジェ・ボッケリーニは、中山小回りのG1で外から馬券に絡むほどのパワーはなさそう。これも内目で一発あるかどうかですね。ボルドグフーシュは末脚勝負は決定でしょう。枠はあまり関係なし。あとは福永がどれだけロスなく前の馬を処理できるか。

危険な人気馬

エフフォーリア横山武57

やはり状態が不安でこちらに入れました。最終追い切りでどれだけ上がってくるか。本来はどの枠でもレースができる馬ではあります。

苦戦必至

アカイイト55
アリストテレス武豊57
ウインマイティー和田竜55
ラストドラフト三浦57

ある程度みんなロスなく回りたいはずで、内の方がまだ善戦のチャンスは出てきそうですが、それでも馬券内まではきついかも。

特に枠の影響を受けそうな馬

  • イズジョーノキセキ
  • ディープボンド

イズジョーノキセキは内、ディープボンドは外目希望でしょう。他ではブレークアップ・ポタジェ・ボッケリーニあたりは内でうまく立ち回って一発狙いたいかも。あとはカタカナジョッキーの伏兵・ジェラルディーナ・ジャスティンパレスも、内を引いた時の方が怖さはありそう。特に現時点で今の中山は内有利なのは確かですからね。まずは枠順抽選会に注目。

タイトルとURLをコピーしました