2019 中山金杯…◎ウインブライト 京都金杯…◎マイスタイル

2019 中山金杯…◎ウインブライト 京都金杯…◎マイスタイル

いよいよ1月5日、東西金杯をもってJRA競馬が始まります。幸先よくスタートをしたいものですね。今回は両方をまとめて予想したいと思います。中山金杯は上位拮抗で悩みましたが、京都金杯の本命はすっと決まりました。

 

中山金杯 中山巧者ウインブライト、トップハンデでも◎

中山金杯、今年のメンバーを見るとワンパンチ足りないような馬が多い気がします。それなら明け4歳勢に注目が行きますが、どれもあまり常識にかからないタイプ。ということで、私は実績NO.1である⑪ウインブライトを本命にしました。

 

中山巧者、というより小回り巧者なのは間違いないですね。G1のマイルCSでも好位を取れる先行力とコーナーリングのうまさが武器。ただ直線に入るとあまり切れないので、一線級相手だと切れ負けしてしまいます。ただG2、G3戦の中山なら話が変わってきます。直線が短く、上がりも速くなりすぎない中山コースは最適。ここまでかなり順調に来ているようで、2歳・3歳時も冬場の成績はいいですし、この時期が合う馬なのかも。問題は58キロだけ。57キロでは大敗ばかりですが、すべてG1なので参考外。それに前走のマイルCSも57キロでしたが、馬混みの中で最後まで脚を使えています。ここはトップハンデでも軸にしたいです。

 

馬単マルチ流し。相手は③コズミックフォース④ランガディア⑤サンマルティン⑥エアアンセム⑧マウントゴールド⑨ストロングタイタン⑫タイムフライヤー⑮ステイフーリッシュと手広く。穴は⑤サンマルティンでしょうか。内目の枠に入った時は要注意です。オッズ次第では複勝やワイドを買っても面白いかも。

 

  • 馬単マルチ流し ⑪⇄③④⑤⑥⑧⑨⑫⑮
  • 複勝 ⑤
  • 勝負度 ★★★☆☆

 

 

京都金杯 高速馬場味方に…マイスタイル◎

開幕週の京都。1月の京都は例年内有利の傾向が強いですが、金杯もそのあたりは重視して馬券検討するべきでしょう。そうなるとまず先行馬は気をつけるべき。本命は逃げるであろう⑮マイスタイルで。

 

外枠ですが、行ってしまえば内を通れますからね。単騎なら最高、最悪2番手で流れに乗れば簡単には止まらないでしょう。前走はなかなか厳しい流れで敗れましたが、今回はマイルでありながらこれといった逃げ馬がいません。マイペースに持ち込めるはず。最近はずっと2000の馬というイメージですが、弥生賞で2着するまでは完全にマイラー枠でした。久々のマイル戦で重賞初制覇を期待します。

 

相手はまず内の馬を買いたいですね。②サラキア③カツジ④グァンチャーレ。あとはおそらく一番人気になるであろう⑫パクスアメリカーナ、そしてマイスタイルとの行った行ったを期待して、前走マイルで先行して2着だった⑬アサクサゲンキ馬連・ワイド・三連複流しで行きたいです。

 

  • 馬連・ワイド・三連複流し ⑮-②③④⑫⑬
  • 勝負度 ★★★★☆