2022 チャンピオンズカップ(中京)予想→1800ベストのテーオーケインズ◎ 距離こなせるシャマルが相手◯

中央競馬

チャンピオンズC(G1) 12月4日 中京 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑫テーオーケインズ松山57

前年王者でJBCも圧勝。まともなら力は上でしょうか。

嵌まれば一発

①グロリアムンディムーア57
⑩クラウンプライド福永56

①グロリアムンディは昨年暮れからダート転向して4連勝。そのあと平安Sでオメガパフュームの2着。今回は宝塚記念以来ですが、中京1800は2戦2勝で、最内でムーア騎乗となれば一発気配が漂いますね。⑩クラウンプライドは日テレ盃・JBCと連続2着。正攻法の競馬で強いレースしてますし、3歳馬の勢いは注目。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

③ハピ横山典56
④スマッシングハーツ鮫島駿57
⑤ジュンライトボルト石川裕57
⑦オーヴェルニュルメール57
⑨ノットゥルノ武豊56
⑪バーデンヴァイラーレーン57
⑬シャマル川田57

③ハピ④スマッシングハーツは末一手ですから、この枠で前を捌けるかどうか。⑤ジュンライトボルトもダートに変わってから底を見せてないですが、ちょっと決め手不足かも。⑦オーヴェルニュ⑨ノットゥルノはルメール・武豊の好判断があれば。⑪バーデンヴァイラーが読めないですね。初ブリンカーでレーン。能力全開なら。⑬シャマルは距離が未知数ですが、外からいい位置にはつけられそう。あとは直線我慢できるかどうか。

危険な人気馬

②サンライズホープ57

前走びっくりの差し競馬。こうなるとG1でも面白そうですが、内枠は痛恨ですね。外の方がいろいろできそう。

苦戦必至

⑥レッドガラン斎藤57
⑧サンライズノヴァ松若57
⑭タガノビューティー石橋脩57
⑮サクラアリュール酒井学57
⑯レッドソルダード丸山57

⑥レッドガランは初ダートがいきなりG1では。他の馬も重賞なら、というレベルかも。

逃げ・先行候補

  • ⑪バーデンヴァイラー
  • ⑩クラウンプライド
  • ⑯レッドソルダード
  • ⑬シャマル

ブリンカーをつけた⑪バーデンヴァイラーが一発狙いの逃げかなと思いますが、レーンですからね。⑩クラウンプライドがポンと出て先行なら無理せず番手かも。ただ外から⑯レッドソルダードも玉砕的に行くかもしれませんし、ひとまず最初は速そう。ただ1コーナーを過ぎればぐっとペースも落ち着きそうな感じあり。基本的にイン有利のコース、直線は内はごちゃごちゃになりそう。

見解

勝って負けてを繰り返す⑫テーオーケインズ。順番的に今回は負けですが、JBCの強さとコース適性を考えると大丈夫かなという気持ち。最近負けたレースはサウジ遠征と、2000以上のレース。デビュー戦で1400から下ろしているシニスターミニスター産駒ですし、昨年の上がり35秒5の末脚を考えると、ベストは2000より1800かも。自在性も出てきましたし、ここは力でねじ伏せると見ました。

問題は相手ですが、狙ってみたいのは⑬シャマル。短距離馬のイメージですが、大外で初マイルだった南部杯で僅差の3着。ちょっと脚を余す感じでしたし、上がり最速でカフェファラオに迫った内容は1800でも期待できるもの。スピードは当然ありますし、全国行脚でさまざまなコースをこなしているのも強み。道中も外目の好位をすんなり確保できそうで、流れに乗ってそのまま前残りを期待。

⑫テーオーケインズ⑬シャマルの馬連・ワイド。あとはいつもなら三連複で穴っぽい馬を探したいところなんですが、気になる馬があんまりいないんですよね。うまく捌けた時の①グロリアムンディ③ハピ、ブリンカーでレーンの⑪バーデンヴァイラーあたりでしょうか。オッズが良さそうなら少々。

⑩クラウンプライドもかなり強い馬だと思いますが、この2戦が目一杯の内容。さらに相手も上がって斤量もまた増えますからね。目標にもされますし、ここはリスクの方が大きいかなと思いました。うまいこと行きますように。

馬連・ワイド ⑫-⑬

三連複2頭軸流し ⑫⑬-①③⑪

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました