2019 中山 セントライト記念 仕分け予想 中山外回りでモズベッロの捲り◎

2019 中山 セントライト記念 仕分け予想 中山外回りでモズベッロの捲り◎

月曜の中山は菊花賞トライアル・セントライト記念が行われます。クラシックの主役級の馬は今年は出てきませんでしたし、トリッキーな中山2200が舞台で難解な一戦。雨は深夜にだけ強く降るようで、それほどひどい馬場にはならなそうですがわかりませんね。(→月曜当日加筆…船橋は大雨になっていて、不良馬場確定となりそうです)まずは一旦、仕分けを行いたいと思います。

 

【勝ち負け】なし

大混戦で一長一短のメンバー。勝ち負け確定の馬はいません。

 

【安定型】⑫ニシノデイジー

安定というか、ひとつの指標になる馬だと思います。中山2200が必ずしも合う馬ではないと思いますが、このメンバーではダービー最先着の5着。今回も上位候補です。

 

【嵌まれば一発】①ザダル⑥モズベッロ⑧リオンリオン

①ザダルは3戦3勝で底を見せていません。接戦ばかりの3連勝で勝負強さは感じます。今回はこのキャリアの浅さがどちらに転ぶかですね。⑥モズベッロは前走1勝クラスを楽勝。どうしてもスタートで後手を踏んでしまいますが、捲る脚があるので中山2200が合いそう。⑧リオンリオンは青葉賞の勝ち馬。ダービーは玉砕的な逃げだったので、横山が先週同様、いいペースで逃げられれば。

 

【展開次第で複勝圏】②サトノルークス④ミューチャリー⑤シークレットラン⑦オセアグレイト⑨エングレーバー⑩サトノラディウス⑪メイショウテンゲン⑮タガノディアマンテ⑱ランフォザローゼス

かなり多くなりましたが、それだけ混戦ということです。展開やこの夏の成長度で一発もありえる馬たちですが、前走までのレースぶりを見ると少し勝ちきれないタイプが多い気がしますね。その中で注目なのは船橋の④ミューチャリー。南関東の3強(ヒカリオーソ・ウィンターフェル・ミューチャリー)の中では切れ味タイプで、芝に対応できる可能性がある唯一の馬だと思います。

 

【危険な人気馬】⑯ルヴォルグ

本当は【複勝圏】でもいい馬ですが、あえて入れてみました。あまり中山2200は合わなそうに見えるのと、まだ馬が未完成な感じがしたのが理由ですが、結局は未知の馬ですから、あっさり走ってしまう可能性もあります。ハイリスクローリターンという意味で、この項目に入れた次第です。

 

【苦戦必至】③マテリアルワールド⑬エターナルヴィテス⑭アトミックフォース⑰ナイママ

ある程度好位につける馬が多そうなレース。その中でのふるい落としの中で、このあたりの馬は勝ち残れないかなと思いました。外枠の馬たちはコースロスという意味でも厳しいですかね。

 

まとめ

混戦ではあるのですが、ずぶかったりいい脚が短かったりで、若干勝負弱い馬が多い気がします。その中で⑥モズベッロという馬は一発の力を秘めた馬だと思っていて、以前京都新聞杯でも本命にしました。結果は9着と惨敗しましたが、レースとしては大外枠で出遅れて、向正面で先頭に並びかける強引なレースで仕方のない結果だったと思います。その後はだいぶレースぶりも大人になってきて、前走は1勝クラスでしたが2200で圧勝。長くいい脚を使える捲りタイプですから、中山2200の外回りはベストな条件かもしれません。ここは思い切って、京都新聞杯に続いて本命を打ちたいと思います。

 

もっとどしゃぶりの天気だったら大勝負しようかなと思っていたんですが、そこまで降らなそうですからね。(→当日どしゃぶりになりました。さあ、どうしましょう。)ひとまず単勝で⑥モズベッロ、そして馬連・ワイドで⑥モズベッロから①ザダル⑫ニシノデイジー⑧リオンリオン④ミューチャリー⑮タガノディアマンテ⑱ランフォザローゼスへ流しみたいと思います。穴なら⑮タガノディアマンテがよさそうですね。重賞実績がありますし状態もまずまず。勝ちに行くと甘いですが、脚をためるレースになれば面白いです。そして④ミューチャリー。中央初遠征ですが、船橋の馬ですから実質地元のレース。芝さえこなしてくれればですね。土曜の阪神で園田のエキサイターも頑張りましたし、地方馬の奮起も期待したいです。

 

単勝 ⑥

馬連・ワイド ⑥-①④⑧⑫⑮⑱

勝負度 ★★☆☆☆