2022 ゴールドウィング賞(名古屋)予想→セブンカラーズの東海王者統一期待◎ エムエスドンのスタンレー逆転まで☆

地方競馬

ゴールドウィング賞(2歳・1着賞金500万円) 11月22日 名古屋 ダート1700米

ポジション仕分け

先頭グループ

⑥スタンレー藤原幹55
⑧セブンカラーズ山田祥54
④ターミバレンシア塚本征54 

これはなかなか楽しみな対決、そして逃げ争いになりそう。ただ⑥スタンレーは行くとして、⑧セブンカラーズは外からピッタリマークする形が有力じゃないですかね。④ターミバレンシアは宮下瞳から乗り替わってますから、どれだけ出していくか微妙なところ。距離を考えるとそれほどペースは上がらない感じがします。

中団内

①ミトノシャルマン渡邊竜55
②マジェスティック加藤聡55
③ハシレヨオトメ大畑雅54
⑤トリマゴクイーン村上弘54

この中だと①ミトノシャルマンが移籍初戦快勝して、力は上ですかね。東海の2強に対してどう挑むか。

中団外

⑪エムエスドン岡部誠55
⑨フラワーニシキ浅野皓54
⑫エムオーチロ丸野勝55

⑪エムエスドンは今度は外枠。まずまずの位置は取れそう。⑫エムオーチロはどう乗るでしょうか。門別のウィナーズチャレンジを勝ってますから、実績ではミトノシャルマンよりは上。ただ今回は一気に1700と距離延長。小柄ですし、こればっかりは走ってみないと。

後方グループ

⑦アイラヴシノジマ今井貴55
⑩ダイユウファルクス細川智55

⑩ダイユウファルクスはとにかくズブいので、全バテの展開ならというところ。ただ今回は難しいですかね。

ペース予想

⑥スタンレー⑧セブンカラーズが先行。距離もありますし、それほどやり合わないでしょう。向正面あたりから一気にペースアップしてロングスパート合戦濃厚。あとはどっちが強いか。

見解

笠松⑥スタンレーと名古屋⑧セブンカラーズの注目の初対決。前走互いに楽勝で、名古屋の1700でどうなるかというところですが、一応地の利を評価して⑧セブンカラーズを上に取ってみました。前走休み明けで楽勝、2着エムエスドンに4馬身、3着にはさらに7馬身つけてますからね。成長も感じます。スタンレーは前走笠松の1400、セブンカラーズは名古屋の1500をステップにしてきますし、この点も名古屋1700では有利かなと思います。外からスタンレーをマークして運べますし、4連勝で東海2歳王者統一に期待。

相手も固く⑥スタンレー⑪エムエスドン。⑥スタンレーがセブンカラーズにつぶされると崩れも心配になりますが、新潟2歳Sで1秒そこそこで戦えている馬ですからね。多少タフな競馬になっても残りそう。ただ⑪エムエスドンの前走もなかなかのもの。体重が増えてグッと良くなってきた感じがありますし、ためる競馬で良さが出てきました。外枠の好位からついていければ、スタンレー逆転まであるかも。

馬単・三連複・三連単で1着⑧セブンカラーズから⑥スタンレー⑪エムエスドンへ。オッズを見ながらですが、馬単・三連複は保険的な扱い。当然⑪エムエスドン2着が理想。①ミトノシャルマン⑫エムオーチロは距離延長がプラスとは思えないですし、このあたりに票が行ってくれれば。配当的にもここは決め打ちで勝負。

馬単1着固定・三連複・三連単1着固定流し ⑧→⑥⑪

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました