2022 OROカップ(盛岡)予想→マニアにはたまらないメンツ! ダート成績無視して、トーセンスーリヤとウインイクシード◎◯

地方競馬

OROカップ(全国交流・1着賞金3000万円) 11月3日 盛岡 芝1700米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なんだか涙が出るようなメンバーですね。JBCより楽しみにしている方も多いんじゃないでしょうか。そして大混戦。

嵌まれば一発

③トーセンスーリヤ山本聡57
④コズミックフォース本田重57
⑤ウインイクシード和田譲57
⑦アトミックフォース矢野貴57

③トーセンスーリヤは南関ダートで散々ですが、芝だと話が違ってきそう。JRA実績なら一番。④コズミックフォースは逆に芝だとどうなりますかね。一応ダービー3着馬ではありますが。⑤ウインイクシードも川崎戦はダメでしたが、あくまで目標はここな感じ。最近までJRAでバリバリやれてましたからね。⑦アトミックフォースは南関移籍後ダートで新境地発揮という感じで、前走の盛岡も無難に勝利。先行できる強みはあります。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

②ソロフレーズ山本政57
⑧ロードマイウェイ南郷家57
⑨マウントゴールド村上忍57
⑫リッジマン岩本怜57

②ソロフレーズは連勝中ですが、重賞ウイナーたちの集まりでどこまで戦えるか。⑧ロードマイウェイも芝で変わるかどうか。⑨マウントゴールド⑫リッジマンも、前走を見るとそこそこ差してきそう。

危険な人気馬

⑬ロードクエスト山崎誠57

昨年の勝ち馬ですが、今年はメンバーがさらに強力。

苦戦必至

①スズカゴウケツ菅原辰57
⑥トウショウドラフタ吉原寛57
⑩リーピングリーズン高橋悠55
⑪バスカヴィル高松亮57
⑭ヴィッテルスバッハ木村暁57

⑥トウショウドラフタも重賞勝ち馬ですが、だいぶ前の話ですからね。その他の馬もここに入ると決め手不足。

逃げ・先行候補

  • ③トーセンスーリヤ
  • ⑦アトミックフォース
  • ⑤ウインイクシード

スタートから速い馬があんまりいないですよね。③トーセンスーリヤがポンと出れば久しぶりにハナもありそう。⑦アトミックフォースは前走が2400だっただけに、最初ちょっと鈍くなるかも。⑤ウインイクシードもスタート次第で前々。久しぶりの芝という馬も多くて、なかなか流れは読みづらいですね。

見解

昨年はJRA重賞2勝のロードクエストがスピード性能で押し切りましたが、今年は中央重賞勝ち馬・常連たちがずらっと参戦。マニアにはたまらないメンバーになりましたね。賞金3000万円をかけてかなりの混戦ムードですが、狙いたいのは③トーセンスーリヤ⑤ウインイクシード

③トーセンスーリヤは新潟大賞典・函館記念勝ち。今年1月の中山金杯でもトップハンデも背負って掲示板は確保した馬。小回りもうまいタイプですし、実績通りなら強いはず。最近のダートでの敗戦はもう仕方ないとして、芝で一変期待です。

⑤ウインイクシードは重賞で善戦を積み重ねてきた馬。こちらは夏の函館記念で4着してますから、なんと言いますか、元JRAの中では一番新鮮な好走実績だと思います。ブリンカーをつけて、後方からまくる競馬で内容は良かったですし、こちらも小回り巧者。前走の川崎は度外視、狙いはここと見ました。

最近のダートでの凡走によってオッズがおいしくなると良いんですけどね。馬連・ワイドで③トーセンスーリヤ⑤ウインイクシード。あとは三連複で穴狙い。後方から⑫リッジマンの追い込みなんてどうでしょう。ステイヤーズS勝ちからもう4年が経とうとしていますが、前走の末脚はなかなか見どころがありました。気楽に後方から追走して、直線他の馬がガチャガチャやってる大外から一気の3着希望。

④コズミックフォース⑦アトミックフォースも売れるでしょうが、もはやダート馬という感じがしますしね。切れる脚もないだけに、超小回りの盛岡芝も心配。トーセンとウイン、今年の中山金杯の5着6着馬2頭で勝負。

馬連・ワイド ③-⑤

三連複 ③⑤⑫

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました