2018 盛岡・せきれい賞 サンエイゴールド◎、芝で変わるかキャッスルクラウン○

2018 盛岡・せきれい賞 サンエイゴールド◎、芝で変わるかキャッスルクラウン○

日曜の盛岡では、芝の2400で行われるせきれい賞があります。数少ない芝の重賞とあって、他地区から芝を求めて遠征馬が多数参戦。一見難しそうですが、本命はひとまず、②サンエイゴールドでしょう。

 

 

前走は中央オープンの巴賞に挑戦。決め手比べで敗れましたが、盛岡の芝なら話は別。特に盛岡芝2400に関しては、5戦4勝3着1回とほぼパーフェクト。前々走のかきつばた賞も4角馬なりで快勝しています。大きく崩れることはまずないでしょう。

 

相手は船橋の④キャッスルクラウンにしました。いまだ勝ち星はひとつだけで、最近もテンに置かれて最後にやっと差を詰めてくるレースばかりなのですが、2000超えのレースになると成績が比較的安定してくる馬です。そして芝についてですが、一度中央の弥生賞に挑戦してシンガリ負けしています。しかし、あの時は4コーナーを曲がり切れず膨れてしまっての大敗で参考外。しかも、3コーナーからあがっていく時の脚には見所がありました。前から、もう一度芝を走ってほしいと思っていた馬。ここは期待したいです。

 

①スタークニナガ⑪エイシンエルヴィンも芝適性で上位ですが、距離が長いと思います。ここはサンエイゴールドとキャッスルクラウンの馬単裏表で。あと、この2頭を3連単1着2着にして、3着穴で園田勢の⑤レオニーズと⑧ビクトリーミノルをちょっと買って、楽しく遊んでみたいと思います。

 

 

  • 馬単 ②⇔④
  • 三連単 ②④→②④→⑤⑧
  • 自信度 中野省吾のためにも、キャッスルクラウンの芝爆走に期待。