2022 菊花賞(阪神)予想→ボルドグフーシュの末脚◎ 岩田康ビーアストニッシド・川田ヴェローナシチー不気味。

中央競馬

菊花賞(G1・3歳) 10月23日 阪神 芝3000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

ご存知の通り、皐月賞・ダービーの1、2着馬が不在ですからね。どの馬からも入れます。

嵌まれば一発

①ガイアフォース松山57
④ボルドグフーシュ吉田隼57
⑪ドゥラドーレス横山武57
⑯フェーングロッテン松若57
⑰ジャスティンパレス鮫島駿57

①ガイアフォース⑰ジャスティンパレスは東西トライアルで強い勝ち方。枠順が大きく割れましたね。外よりは内が良さそうですが。④ボルドグフーシュは末脚勝負。作戦はひとつでしょう。⑪ドゥラドーレスは素質が開花しつつある感じでダークホース。⑯フェーングロッテンは新潟記念で健闘。ラジオNIKKEI賞勝ちで、フィエールマンの再現があるか。そしてどの馬も距離は未知数。

安定・堅実型

⑫ヴェローナシチー川田57
⑭アスクビクターモア田辺57

⑫ヴェローナシチーは相手なりの典型。瞬間的な脚がないだけに、距離延長をプラスにしたいところ。⑭アスクビクターモアはセントライト記念でも勝ちに行って2着。堅実ですが、これも勝ちきれない部分がありますね。

展開次第で複勝圏

③プラダリア池添57
⑤ヤマニンゼスト武豊57
⑥ビーアストニッシド岩田康57
⑦アスクワイルドモア岩田望57
⑧マイネルトルファン丹内57
⑬ディナースタ横山和57
⑱セレシオン福永57

重賞勝ち馬の③プラダリア⑦アスクワイルドモアも一瞬の脚がないですからね。うまいこと立ち回りたいところ。⑥ビーアストニッシドは逃げの手もありそう。岩田康で怖いですね。⑤ヤマニンゼストは今回も終いを生かす競馬で着順を拾いたいところ。⑧マイネルトルファンはマイネルファンロン・ユーバーレーベンの下で不気味。⑬ディナースタは持久力を生かしたレースぶりで連勝。G1は厳しそうですが、いいポジションが取れれば。⑱セレシオンは新潟の2勝クラス圧勝。福永騎乗で魅力的ですが、大外は痛恨ですね。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②シェルビーズアイ松田57
⑨シホノスペランツァ浜中57
⑩セイウンハーデス57
⑮ポッドボレット坂井瑠57

なかなかこの相手に入ると厳しそう。

逃げ・先行候補

  • ⑥ビーアストニッシド
  • ⑩セイウンハーデス
  • ①ガイアフォース
  • ⑭アスクビクターモア
  • ⑯フェーングロッテン

⑥ビーアストニッシドか⑩セイウンハーデスか。スタート次第ですね。①ガイアフォースは3番手は取れそうですが、外から⑭アスクビクターモア⑯フェーングロッテンあたりにマークされる形になりそう。岩田康が一発狙って飛ばす可能性も十分ありますし、ペースはまったく読めませんね。どうしましょう。

見解

力の差がないのは間違いないですし、全体的に決め手に欠くメンバー。距離も未知で、ややこしい競馬になりそう。ここはメリハリの効いた、わかりやすい作戦を取る馬に賭けてみてもいいのかなと思いました。本命は④ボルドグフーシュ

前走内有利の中京で大外に回して3着なら上々。休み明けを叩いて上積みも大きそう。今回は阪神に変わりますが、春に2400メートルのゆきやなぎ賞で上がり33.3をマーク。プラスと考えたいです。脚をためればためるほど切れる馬。あとは勝負どころで馬群を捌けるかどうか。開き直って乗れる立場ですし、あとは2度目の吉田隼に神が降りてくることを祈って。

④ボルドグフーシュの単複。あとは馬連で①ガイアフォース③プラダリア⑤ヤマニンゼスト⑥ビーアストニッシド⑧マイネルトルファン⑪ドゥラドーレス⑫ヴェローナシチー⑬ディナースタ⑭アスクビクターモア⑯フェーングロッテン⑰ジャスティンパレス⑱セレシオンまで。

トライアル勝ちの2頭は前走がうまく行き過ぎな感じもしますからね。枠も極端ですし、うまく行かないと不発もありそう。期待したいのは⑥ビーアストニッシド⑫ヴェローナシチー⑥ビーアストニッシドは岩田康のミラクル逃げがあれば。あとは⑫ヴェローナシチーはこの外目の枠はいいですから、川田でどれだけ変わるか。ワイドも買って、あとは遊びの三連複フォーメーションで、3頭目に人気のない馬をさくっと買って夢でも見てみたいです。

単勝・複勝 ④

馬連流し ④-①③⑤⑥⑧⑪⑫⑬⑭⑯⑰

ワイド流し ④-⑥⑫

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました