2022 金沢シンデレラカップ(金沢)予想→前走好内容、後半勝負のカレイジャス◎ ショウガタップリは不安もあり。

地方競馬

金沢シンデレラカップ(GDJ・全国交流・2歳牝馬・1着賞金300万円) 10月18日 金沢 ダート1500米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

ショウガタップリが他地区や旧門別組に対してどう迎撃するかが焦点。

嵌まれば一発

①カレイジャス青柳正54
②フィリピーヌ(大井)中島龍54
④ショウガタップリ矢野貴54
⑦キモンアップル(北海道)吉原寛54

①カレイジャスは前走負けて強しの内容。前々走を度外視すれば怖い存在。②フィリピーヌは大井からの参戦。前走リベイクフルシティと0.3秒差ならいい勝負ができそう。④ショウガタップリは5戦5勝。ここを勝って、珍名馬が全国区になるかどうか。⑦キモンアップルは門別で2勝。スピードは一番。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

⑤カタラ(兵庫)廣瀬航54
⑥アニモミホ岡部誠54

上位陣からちょっと落ちる感じ。廣瀬・岡部が開き直って乗って、どれだけ前を拾えるか。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③エイシンメリダ吉田晃54
⑧ミオソフィア藤田弘54

北海道の成績を見ると、ちょっとここでは落ちますね。小柄で上積みも疑問。

逃げ・先行候補

  • ⑦キモンアップル
  • ②フィリピーヌ

逃げ馬は⑦キモンアップルで、短距離中心の馬ですし単騎は確実。あとの馬はスタートで出たなり。一応②フィリピーヌが前々かなと思いますが、④ショウガタップリもスタートを決めれば番手競馬もありそう。ひとまず⑦キモンアップルめがけて誰が最初に動くかがカギ。あまり早くに動くと、もっと後ろの組の台頭もあり得ますね。

見解

④ショウガタップリの走りは注目ですが、ここは一気の相手強化。速い馬もいますし、いつもと勝手が違うと苦戦もあるかなと想像。少しひねって買ってみたいですね。狙いは①カレイジャス

社台ファーム産で、JRAの新馬で3番人気に推された馬。前々走重賞で追走一杯でしたが、前走が最後方からまくりが炸裂。最後競り合いでノブノビスケッツに負けましたが、相手も門別から来た悪くない馬ですからね。脚をためるといい脚を使うことがあれでわかりましたし、ここは人気どころが先に動いてから直線ひと差し期待。

①カレイジャスの単複。あとは馬連・三連複で②フィリピーヌ④ショウガタップリ⑦キモンアップルへ。その後なら⑤カタラ⑥アニモミホあたりですが、ちょっと上位とは差があるかなという印象。あとは少しでも高めを祈って。

単勝・複勝 ①

馬連・三連複1頭軸流し ①-②④⑦

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました