2022 凱旋門賞(パリロンシャン)予想→トルカータータッソのロンシャン適性◎ 相手はスタミナ型の馬・5頭並べます☆

海外競馬

凱旋門賞 10月2日 パリロンシャン 芝2400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

今年もドキドキですね。大本命不在という感じ。当然馬場も気になります。

嵌まれば一発

⑪タイトルホルダー横山和59.510ゲート
⑭アルピニスタモリス586ゲート
⑮ヴァデニスミヨン56.52ゲート
⑰オネストパスキエ56.511ゲート
⑳ルクセンブルクムーア56.58ゲート

⑪タイトルホルダーはここは果敢に逃げてくれるでしょう。エルコンドルパサーのようなレースに持ち込めるかどうか。⑭アルピニスタはG15連勝中。長くいい脚を使いますし、牝馬も相性がいいですからね。馬群を捌けるかどうか。⑮ヴァデニは仏ダービー馬。バーイードとの対決を避けたのか、直前で凱旋門賞参戦を決定。距離は微妙ですが、2番枠は魅力。⑰オネストは同じコースのパリ大賞勝ち。コース経験がある点は有利。⑳ルクセンブルクはそのオネストを愛チャンピオンSでねじ伏せました。これも距離がどうか。

安定・堅実型

②トルカータータッソデットーリ59.518ゲート

昨年の勝ち馬。今年は徐々に調子を上げてきた感じで、デットーリ騎乗なら外枠でも。

展開次第で複勝圏

④シリウェイバルザローナ59.515ゲート
⑥ディープボンド川田59.55ゲート
⑧ステイフーリッシュルメール59.520ゲート
⑩メンドシーノピーヒュレク59.51ゲート
⑫バブルギフトペリエ59.513ゲート
⑯アルハキームCデムーロ56.54ゲート
⑱ウエストオーバーホーンビー56.57ゲート

⑥ディープボンドは昨年の凱旋門賞はフォワ賞勝ちの反動もあった感じ。今年は直行で変わる可能性も。⑧ステイフーリッシュはステイゴールドらしく海外では走りが違いますからね。大外は痛恨ですけど。④シリウェイは昨年5着で、どさくさの複勝圏突入はありそう。⑩メンドシーノは前走トルカータータッソを外ラチから差し切り。1ゲートを生かしてピーヒュレクがどこまで上位に食い込めるか。⑫バブルギフトはちょっと足りない感じですが、ペリエが乗りますからね。⑯アルハキーム⑱ウエストオーバーはそこそこの枠で3歳の斤量利がありますからね。

危険な人気馬

①ミシュリフビュイック59.517ゲート
⑲ドウデュース武豊56.53ゲート

①ミシュリフはやっぱり2000くらいで持久力を生かすレースの方が合っている気がしますね。ロンシャンでタフな馬場になると心配ですし、枠も厳しいです。⑲ドウデュースは頑張って欲しいですし、前走を使った効果もありそうですが、日本の馬券だとある程度売れるでしょうし、その倍率と期待値を考えた時にちょっとハイリスクかなと思いますね。

苦戦必至

③マレオーストラリスムルザバエフ59.519ゲート
⑤アレンカーマーカンド59.512ゲート
⑦ブルームローダン59.514ゲート
⑨モスターダフクローリー59.516ゲート
⑬グランドグローリーギュイヨン589ゲート

馬の力と斤量、そしてゲートを考えると、そこまでの一発はないかなと想像してます。ペリエは怖いですけど。

逃げ・先行候補

  • ⑪タイトルホルダー
  • ⑦ブルーム

⑪タイトルホルダーが主導権を握りたいところですが、⑦ブルームのラビット感がすごいですからね。オブライエン(ルクセンブルク)&キーファーズ(ドウデュース)の両方の援護に回って、タイトルホルダーにプレッシャーをかけるかも。

見解

今年も②トルカータータッソのロンシャン適性をまず信頼してみたいですね。今年は滑り出しがあまりよくありませんでしたが、徐々に状態を上げてきているあたり、やはり凱旋門賞照準の一年という感じ。ゲートがだいぶ外ですが、加速が鈍いタイプですし、むしろ内で包まれるよりは好都合なはず。今年はデットーリが乗りますしね。連覇も十分と見て軸にしたいです。

相手は⑩メンドシーノ⑭アルピニスタ⑰オネスト、そして⑥ディープボンド⑧ステイフーリッシュへ。今年は⑪タイトルホルダーがいて⑦ブルームが追いかける形になると、ペースが例年よりも流れるかなと思います。ある程度持久力が必要なレースになれば、距離経験が豊富な馬の台頭もあり得るかなと期待してみました。⑩メンドシーノ⑭アルピニスタは2400中心の馬ですし、⑰オネストも同じコースのパリ大賞勝ち。そして⑥ディープボンド⑧ステイフーリッシュはもっと長い距離でもいけますからね。消耗線になってくれれば。

有力視されている欧州勢は、みんな本来2000くらいがベストなのかなという想像。ここは穴を狙ってみます。馬連・ワイド・三連複1頭軸流しで②トルカータータッソから、⑥ディープボンド⑧ステイフーリッシュ⑩メンドシーノ⑭アルピニスタ⑰オネストへ。⑪タイトルホルダーはコースや展開など、越えなければいけないハードルが多いですからね。ここは配当的なことを冷ややかに考えて、ヒモ荒れに期待します。

馬連・ワイド・三連複1頭軸流し ②-⑥⑧⑩⑭⑰

勝負度 ★★★☆☆

タイトルとURLをコピーしました