2022 OROターフスプリント(盛岡)予想→元JRAオープンのスギノヴォルケーノ・ケイアイサクソニー◎◯ ヒモ穴は外枠勢☆

地方競馬

OROターフスプリント(全国交流・1着賞金500万円) 9月27日 盛岡 芝1000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

賞金がアップして、南関から遠征多数。貴重な芝1000戦の重賞で謎めいておりますね。

嵌まれば一発

①プリモジョーカー(川崎)町田直55
⑧ケイアイサクソニー(北海道)高橋悠57

①プリモジョーカーは芝が久しぶりですが、相変わらずのスピードはありますからね。⑧ケイアイサクソニーは北海道で時折逃げ粘っていますが、元々はJRAオープンの芝で活躍。条件はいいですね。

安定・堅実型

③スギノヴォルケーノ山本聡57

前走一頭次元の違う脚で差し切り。前々走の負けは道悪が原因だったんですかね。

展開次第で複勝圏

④スターオブケリー(浦和)岩本怜53
⑤エイシントゥラン鈴木祐53
⑥マーサマイディア(川崎)西啓太55
⑨ラヴィエント菅原辰55
⑩コパノキャリー(浦和)山本政55
⑪ツーエムマイスター木村暁57
⑫リンシャンカイホウ村上忍57
⑬グランドロワ高松亮57
⑭トミケンキルカス南郷家57

ハーベストオープン組はほとんど差がなさそう。浦和の2頭も流れに乗れれば台頭はありそう。⑨ラヴィエントも芝なら見直せそう。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②ブルートブロッサム塚本忍55
⑦エールヴィフ(川崎)伊藤裕55

⑦エールヴィフはJRAで芝を勝ってますが1勝クラスでしたからね。なかなか厳しそう。

逃げ・先行候補

  • ①プリモジョーカー
  • ⑧ケイアイサクソニー
  • ④スターオブケリー
  • ⑥マーサマイディア

枠的に①プリモジョーカーが行くか、格の違いで⑧ケイアイサクソニーが行くか。その他の南関勢もせっかくの遠征ですから、前に行くだけ行く感じになりそう。ハイラップ確定。スピードの持続力が大事。

見解

③スギノヴォルケーノ⑧ケイアイサクソニーは共にJRAでオープン。③スギノヴォルケーノは良馬場の前走で上がり34.0の末脚で直線一気。山本聡も手の内に入れたと見て、ここはまず信頼できそうです。⑧ケイアイサクソニーもハイレベルな門別の短距離オープンで好走してますし、まだまだスピードの衰えはなさそう。盛岡芝1000はいい条件じゃないですかね。

馬連で③スギノヴォルケーノ⑧ケイアイサクソニー1点。あとは三連複2頭軸でざっと流し①プリモジョーカー⑤エイシントゥラン⑥マーサマイディア⑨ラヴィエント⑩コパノキャリー⑪ツーエムマイスター⑫リンシャンカイホウ⑬グランドロワ⑭トミケンキルカスへ。この中で推したいのは⑨ラヴィエント⑬グランドロワ⑭トミケンキルカス

⑨ラヴィエントは名古屋ではまったくダメでしたが、JRA時代は芝の未勝利をいつ勝ってもおかしくなかった馬。盛岡芝も1.2.0.0ですし、前半置かれすぎなければ。⑬グランドロワはハーベストオープンで最後いい脚。これも芝馬ですからね。そして⑭トミケンキルカスは同じレースで直線完全にドン詰まり。外枠で流していければ。内はごちゃごちゃしそうですし、ヒモで外差しが決まって少しでも好配当をよろしくお願いします。

馬連 ③-⑧

三連複2頭軸流し ③⑧-①⑤⑥⑨⑩⑪⑫⑬⑭

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました