2022 アフター5スター賞(大井)予想→達城龍・ミチノギャングで初重賞制覇十分◎ ギシギシは58キロで立ち回りひとつ

2022 アフター5スター賞(大井)予想→達城龍・ミチノギャングで初重賞制覇十分◎ ギシギシは58キロで立ち回りひとつ

アフター5スター賞(1着賞金1300万円) 9月8日 大井 ダート1200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

いやあ、頭数は少ないですがメンバーが濃厚ですよね。斤量差もありますし、ギシギシでさえ絶対ではない感じ。

嵌まれば一発

⑥プライルード本田重53
⑩オリジネイター和田譲53

⑥プライルードは優駿スプリントで本領発揮。やっぱり短距離馬だったということですね。斤量差を生かして決め手を生かしたいでしょう。8歳の上がり馬・⑩オリジネイターがついに重賞まで上がってきましたね。この相手だともうちょっと時計を詰めないと厳しいですが、53キロですからね。

安定・堅実型

①ミチノギャング達城龍55
⑦ワールドリング張田昴58

①ミチノギャングはここに来て完全に本格化。ギシギシにしか負けてないですし、内枠も得意。⑦ワールドリングは昨年の勝ち馬。復調ムードですし、58キロも克服済みで計算はできそう。

展開次第で複勝圏

④クルセイズスピリツ西啓太57
⑤キモンルビー本橋孝56
⑪カプリフレイバー真島大57

スピードで押す3頭。うまく噛み合うと粘りこみもありそう。

危険な人気馬

③ギシギシ矢野貴58

東京スプリント3着の後、地方限定戦では負けなし。当然一番人気でしょうが、問題は58キロ。スタートで外のクルセイズスピリツにかぶされたりすると危険もありそう。

苦戦必至

②ベストマッチョ森泰斗57
⑧セイジミニスター笹川翼55
⑨ウインプリンツ吉留孝53

相手が揃いましたね。②ベストマッチョも今は息が入る4回コーナーのレースの方が良さそう。

逃げ・先行候補

  • ④クルセイズスピリツ
  • ⑤キモンルビー
  • ⑪カプリフレイバー
  • ⑩オリジネイター
  • ③ギシギシ

本来は④クルセイズスピリツの逃げでしょうが、前走ハナを奪えなかったですからね。⑤キモンルビー⑪カプリフレイバーが前に行く可能性もあるでしょうね。③ギシギシはそれらをどう捌くか。⑩オリジネイターも外の⑪カプリフレイバーが嫌でしょうね。先行争いはペースと言うよりも、ポジション争いが激化しそう。

見解

軸は①ミチノギャング。今まで一歩足りない感じのレースぶりですが、ここに来て完全に本格化した感じ。最近負けたのはギシギシだけで、前走も内から強い内容。とにかく内を捌くのが上手で、今回の内枠は願ってもないです。達城龍の初重賞制覇も十分。

③ギシギシはこの枠だと外の逃げ・先行勢の処理が気になるところ。初の58キロにもなりますし、他の馬も速いですからね。人気になりそうですし、ここは捻りたいところ。相手で期待したいは⑥プライルード⑦ワールドリング⑥プライルードは前走久しぶりの1200で期待通りの強さ。短距離戦だと鋭さが増しますし、おまけに53キロなら一撃もありそう。⑦ワールドリングは昨年の勝ち馬で、昨年より3キロ重い58キロですが、一応最近はこなせている斤量。ここはコース実績と上昇度に期待。

①ミチノギャングの単と、馬連・ワイド・三連複で⑥プライルード⑦ワールドリングへ。⑩オリジネイターもここまで相手が揃うと簡単ではないでしょう。そして最後に、軸の組み合わせから、三連複フォーメーションの3頭目に④クルセイズスピリツを加えてボーナス狙い。ポンとハナに立つと重賞でもうるさい逃げ馬ですからね。これが来たら泣くかもしれません。とにかく楽しみなレース。

単勝 ①

馬連・ワイド・三連複流し ①-⑥⑦

三連複フォーメーション ①-⑥⑦-④

勝負度 ★★★★☆