2022 イヌワシ賞(金沢)予想→移籍2戦目、ジュランビルの決め手◎

2022 イヌワシ賞(金沢)予想→移籍2戦目、ジュランビルの決め手◎

イヌワシ賞(全国交流・1着賞金700万円) 8月23日 金沢 ダート2000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

地元馬1頭、遠征馬5頭。なんとも不思議な重賞になってしまいましたね。ただあまり信用ができない馬が多く、混戦と言えば混戦。

嵌まれば一発

④ジュランビル(大井)笹川翼55
⑤タカジョー(浦和)岡部誠57
⑥テルペリオン(大井)中島龍57

④ジュランビルは兵庫サマークイーン賞では園田に手を焼いた感じですが、金沢の馬場が合えば。⑤タカジョーは浦和ではほぼパーフェクト。オグリキャップ記念の負けが気になりますが、この頭数で楽逃げならいいでしょうね。⑥テルペリオンは前走金沢で好走。コースは合うのかも。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

①アイアムレジェンド(川崎)吉原寛57
②ウインハイラント(愛知)細川智57

①アイアムレジェンドは昨年勝ってますが、今年はまだ復調途上という感じ。②ウインハイラントも本来ここならそこそこやれてもおかしくないですが、状態が微妙。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

③ブルベアパンサー栗原大57

南関相手では厳しいですかね。

逃げ・先行候補

  • ⑤タカジョー
  • ③ブルベアパンサー
  • ⑥テルペリオン
  • ①アイアムレジェンド

⑤タカジョーはやはり逃げに持ち込みたいでしょう。地元の③ブルベアパンサーの玉砕逃げもあり得ますが、もし5着狙いのレースをするなら無理はしないかも。⑥テルペリオンは中距離なら好位付けのレース。一見スローですが、2周目以降に一気にペースは変わりそう。

見解

④ジュランビルの末脚期待。決して2000がいいとは思えませんが、JRA時代が芝・ダート兼用だったタイプ。金沢の比較的時計が出るダートは向きそう。ここはペースは速いわけではないですが、前々でレースをする馬がみんなジリですからね。5番手・6番手の後方から離されずにロスなく回っていけば、残り600メートルだけで他の5頭をやっつけられやしないかという狙い。笹川が末脚を引き出してくれれば。

④ジュランビルの単。あとは三連複・三連単1着固定で①アイアムレジェンド②ウインハイラント⑤タカジョー⑥テルペリオンへ流して高め待ち。①アイアムレジェンド②ウインハイラントは本調子ではなく、⑤タカジョーはオグリキャップ記念の惨敗を見るとまだまだ信用できず。⑥テルペリオンも今は1400がベストな気がしますし、どの馬も一長一短。となれば②ウインハイラントの好走が一番配当がいいでしょうから、この馬の健闘を祈って観戦したいと思います。

単勝 ④

三連複1頭軸・三連単1着固定流し ④→①②⑤⑥

勝負度 ★★★☆☆