2022 関屋記念(新潟)予想→外伸び馬場になればワールドバローズの末脚炸裂か◎

2022 関屋記念(新潟)予想→外伸び馬場になればワールドバローズの末脚炸裂か◎

関屋記念(G3) 8月14日 新潟 芝1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

そもそも混戦なのに、さらに天気と馬場状態が微妙。波乱の要素いっぱい。

嵌まれば一発

①イルーシヴパンサー岩田望56
③ゴールデンシロップデムーロ56
⑦スカイグルーヴルメール54
⑫ウインカーネリアン三浦57

①イルーシヴパンサーは安田記念が展開嵌らず。前がもう少し流れてくれれば。③ゴールデンシロップは3連勝中ですが、今回は9ヶ月のブランクで重賞。調教は良さそうですが、未知の存在。⑦スカイグルーヴはだいぶ馬がまとまってきました。ただ今回距離延長ですし、あまり馬場が悪くなると心配。⑫ウインカーネリアンは長休明けを叩いて2連勝。あとは重賞の決め手勝負になってどうでしょう。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

②エアファンディタ田辺56
④ザダル戸崎58
⑩ワールドバローズ和田竜56
⑪ディヴィーナ武豊54
⑭ピースワンパラディ柴田善56

ここなら④ザダルが本来は強いですが、マイルの58キロだとちょっと切れ負けする危険性はありそう。⑭ピースワンパラディの能力は認めるところですが、屈腱炎で1年7ヶ月のブランクですからね。注目はしたいですが。

危険な人気馬

⑧ダノンザキッド川田57

ひと押し効かないものの実力は上位。ですが今回は馬場が心配。道悪は良くなさそうな感じがします。できれば良馬場希望ですね。

苦戦必至

⑤リアアメリア菅原明54
⑥シュリ津村57
⑨エンデュミオン秋山真56
⑬レッドライデン吉田豊56

展開に恵まれても掲示板までかなという感じ。

逃げ・先行候補

  • ⑬レッドライデン
  • ⑫ウインカーネリアン

鹿戸厩舎の2頭が先頭・2番手の可能性大。外から内に切り込んでいきますから、内の人たちが手綱を引けばペースは落ち着くかも。馬群が固まれば、あとは直線の決め手比べ。コース取りが重要になるかも。

見解

だんだんと内が傷んできている新潟。さらに台風の影響で道悪傾向も出てくるようなら、ベストは馬場の真ん中からスパッと切れる脚が使える馬かも。条件が合いそうなのは⑩ワールドバローズ

枠順も外目ですし、いい脚を持っている馬ですからね。前走の京王杯SCは最後方から馬群を捌いて5着。直線半ばでスカイグルーヴにカットされて追えなくなりましたし、決勝線手前ではポケットに入って立ち上がり気味にゴール。それでも上がり最速で、本来は2着争いに加われた内容。4歳でここから本格化の可能性もありますし、過去の成績から道悪適性もありそう。人気も手頃なら、和田竜の一発に賭けてみたいです。

⑩ワールドバローズの単複ですが、主に複勝重視。そして馬連で①イルーシヴパンサー②エアファンディタ③ゴールデンシロップ④ザダル⑦スカイグルーヴ⑧ダノンザキッド⑩ディヴィーナ⑫ウインカーネリアンまで流し。相手もコース取り次第のようなところはありますからね。オッズ的にいい展開になれば。

単勝・複勝 ⑩

馬連流し ⑩-①②③④⑦⑧⑩⑫

勝負度 ★★★☆☆