2022 ブリーダーズゴールドカップ(門別)予想→テリオスベル・プリティーチャンス◎◯ グランブリッジは前走疑問

2022 ブリーダーズゴールドカップ(門別)予想→テリオスベル・プリティーチャンス◎◯ グランブリッジは前走疑問

ブリーダーズゴールドカップ(G3・指定交流・牝馬・1着賞金3100万円)
8月11日 門別 ダート2000

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

地元や地方勢はこれまで掲示板にも乗れてませんし、例年同様JRA勢5頭による戦いが基本線。

嵌まれば一発

②テリオスベル(JRA)江田照55

この3戦江田照がメリハリの効いた騎乗をして開眼した感じ。マーキュリーCも強かったですし、ここも当然主力。

安定・堅実型

⑥プリティーチャンス(JRA)吉田隼55

ダートグレード経験豊富。必ず最後脚を使いますし、門別2000は合いそう。

展開次第で複勝圏

③ハギノリュクス(JRA)岩田望55
⑦キムケンドリーム(JRA)鮫島駿55

オープンに入ってからやや頭打ち。門別ナイターが合えばというところですが、他のJRA3頭に比べるとどうしてもターンダウンはしてしまいます。

危険な人気馬

⑩グランブリッジ(JRA)福永祐55

関東オークス勝ちの3歳馬で勢いは気になりますが、相手関係を見るとちょっと平凡ではありますからね。正直半信半疑ではあります。

苦戦必至

①ソーディスイズラヴ阪野学55
④クレモナ小野楓55
⑤バブルガムダンサー阿部龍55
⑧ネーロルチェンテ石川倭55
⑨ノットイェット山本咲55
⑪サルサレイア(大井)西啓太55
⑫ニーズヘッグ五十冬55

大井⑪サルサレイアのクイーン賞以来の一発も期待したいところですが、最近はさらにズブさが目立ってきましたからね。⑧ネーロルチェンテ⑨ノットイェット⑫ニーズヘッグなどの門別勢も含めて、あくまでJRA勢のうち3頭にポカが発生した時、わずかにチャンスが出てくる感じですかね。

逃げ・先行候補

  • ②テリオスベル
  • ③ハギノリュクス
  • ⑨ノットイェット

この相手でこの枠なら②テリオスベルは逃げに持ち込みたいところ。③ハギノリュクスも前々で、こちらがハナのパターンもあり。⑨ノットイェットもスピードはありますからこれも加わって、馬群はある程度縦長になるかなという予想。持久力が重要になってきそう。

見解

JRA勢の中でも、②テリオスベル⑥プリティーチャンス⑩グランブリッジのどれかが勝ち候補だと思いますが、その中でも⑩グランブリッジは前走の関東オークスの相手関係がどうしても落ちる気がして、あまり信用できないかなと思ってます。ここは②テリオスベル⑥プリティーチャンスの大人のお姉さん2人を素直に評価。

②テリオスベルはとにかく充実してますし、マーキュリーCからの連戦は好調の証でしょう。江田の思い切った乗り方が嵌まって名コンビの予感。重賞制覇も十分。⑥プリティーチャンスはこれまで重賞ではクイーン賞3着が最高ですが、それでもアンタレスSでオメガパフュームの4着があったり、末脚は堅実。前走の小回り函館1700は完全に展開不向き、叩き2戦目で吉田隼連続騎乗・さらに距離延長のここは上積み十分です。

ここは馬連で②テリオスベル⑥プリティーチャンス1点が大本線。あとは三連複2頭軸で③ハギノリュクス⑦キムケンドリーム⑧ネーロルチェンテ⑨ノットイェット⑩グランブリッジ⑪サルサレイア⑫ニーズヘッグへ軽く流して、なんかごちゃごちゃしてうまいこと行かないかなあと思ってます。⑩グランブリッジが案外で、あとは③ハギノリュクス⑦キムケンドリームが門別に戸惑って大ブレーキでもかかれば、⑪サルサレイアあたりで間に合わないものかと。⑧ネーロルチェンテ⑨ノットイェットも前走良かったですし、⑫ニーズヘッグも一応JRA時代3勝クラス。あくまでJRA勢の凡走待ちで可能性はかなり低いですが、密かに期待してみます。拾えたらラッキー。

馬連 ②-⑥

三連複2頭軸流し ②⑥-③⑦⑧⑨⑩⑪⑫

勝負度 ★★☆☆☆