2022 ひまわり賞(盛岡)予想→移籍初戦のトーセンキャロル◎ 相手はどの馬にもチャンス☆

2022 ひまわり賞(盛岡)予想→移籍初戦のトーセンキャロル◎ 相手はどの馬にもチャンス☆

ひまわり賞(3歳牝馬・1着賞金500万円) 8月7日 盛岡 ダート1800米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

不確定要素多すぎの難解重賞。速い馬が結構いますし、距離も微妙な1800。展開次第で伏兵の台頭まで十分。

嵌まれば一発

③トーセンキャロル山本聡54
④レディジャン村上忍54
⑤ボサノヴァ関本淳54
⑪ベストフィーチャー大坪慎54
⑫リュウノアン菅原辰54

③トーセンキャロルはJRAで1勝、南関実績からも力上位。東京プリンセス賞で距離を経験しているのも強み。④レディジャンは4連勝中で底見せず。⑤ボサノヴァは経験豊富。⑪ベストフィーチャーも4連勝してますし、JRA未勝利で一応距離経験あり。⑫リュウノアンは芝で重賞を勝ってますが、3走前の圧勝からダートでも怖い存在。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

①マルルットゥ高松亮54
②セイシーキング坂口裕54
⑦ビッグタマテルーフ高橋悠54
⑧シャローナ木村暁54

甘さもあってやや足りない感じですが、着狙いのレースに徹するとぎりぎり間に合うかも。

危険な人気馬

⑨アップテンペスト鈴木祐54
⑩カクテルライト山本政54

岩手に戻ってきた⑨アップテンペストですが、すっかり新名古屋にやられた感じで状態が気になるところ。好相性の盛岡で目覚めるか。⑩カクテルライトは前走復活勝利ですが、スピードで押す馬ですからね。1800の距離がいいわけはありません。

苦戦必至

⑥セシボン岩本玲54

実績、そして馬格的にもちょっと厳しいですかね。

逃げ・先行候補

  • ⑨アップテンペスト
  • ⑩カクテルライト
  • ⑪ベストフィーチャー

⑨アップテンペストの出脚が盛岡で蘇えれば、⑩カクテルライトを抑えてのハナもありそう。この2頭の他にも速い馬が多く、展開は読み辛いところ。

見解

距離・展開など難しい要素が多いですし、いろいろネガティブに考えたらキリがないレースですね。ここはある程度決め打ちで買って、あとは祈るしかないかなと思ってます。リスク承知で買いたいのは移籍初戦の③トーセンキャロル

JRAで1勝。前走初めての古馬相手だった川崎と、その前の東京プリンセス賞では崩れましたが、浦和での3戦で2着2着1着ならここでも実績上位。芝で未勝利を勝っている馬で、時計の速い盛岡ダートは合いそう。あとは山本聡におまかせという気持ちで臨みたいです。

③トーセンキャロルの単と馬連全流しで見学。連ならどの馬にもチャンスがありそうですからね。下手に絞って悔やみたくないところ。⑤ボサノヴァ⑨アップテンペスト⑩カクテルライトあたりが重賞の常連ですが、どれもスピードが勝っていて、決して1800がいい馬ではないですからね。これらがもうひとつの結果なら、4連勝中の⑪ベストフィーチャーでも間に合うかもしれません。JRAの1800ダートの未勝利で、一応4着もある馬。距離はそれなりにこなせるかなと思います。あとは乗り替わりがどこまで影響しますか。

単勝 ③

馬連流し ③-全流し

勝負度 ★★☆☆☆