【東海桜花賞・2021・予想】外枠引いたウインオスカー◎ 相手は5頭☆

【東海桜花賞・2021・予想】外枠引いたウインオスカー◎ 相手は5頭☆

東海桜花賞(全国交流・1着賞金600万円) 4月9日 名古屋 ダート1400米

枠順・出走馬の戦力仕分け

仕分け馬名・騎手・斤量条件攻撃短評
1▲嵌まれば一発ゴールドクイーン 友森翔太 55.0一昨年かきつばた記念勝ち、絞れて単騎なら
2○安定型トーセンレビュー(浦) 岡部誠 57.0前々走だけ走れば通用
3▲嵌まれば一発タイガーアチーヴ 今井貴大 57.0重賞で時計詰められれば
4○安定型ナリタミニスター(兵) 吉村智洋 57.0ハイレベルなレース続く、当地も経験
5△複勝圏内アドマイヤムテキ 丸野勝虎 57.0前走人気裏切るも、ここなら気楽な立場
6△複勝圏内メイソンジュニア 戸部尚実 57.0揉まれると不安も能力あり
7…苦戦必至サンダーマックス 柿原翔 57.0同型揃って展開厳しそう
8?危険カツゲキキトキト 大畑雅章 57.0取消明け上積みと1ハロン短いか
9▲嵌まれば一発ヴァケーション(川) 田中学 57.0前走DG大敗も一発秘める、絞れれば
10…苦戦必至レッドラウダ(川) 吉原寛人 57.0中央オープンも移籍後中途半端な内容
11▲嵌まれば一発ウインオスカー(川) 赤岡修次 57.0相手・展開なりに走れる、外枠魅力
12△複勝圏内ポルタディソーニ 宮下瞳 55.0今のこの馬では1400若干忙しいが

逃げ・先行馬・ペース予想

  • ①ゴールドクイーン
  • ⑦サンダーマックス
  • ⑫ポルタディソーニ
  • ③タイガーアチーヴ

さすがにここまでハイレベルなメンバーになると、先行争いも激しくなりそう。特に本来ならスピード断然であるゴールドクイーンの移籍初戦の走りに注目。昨年全く精彩を欠いていただけに、どこまで復調していますか。他にもサンダーマックスあたりは逃げないとダメな馬ですから、ひとまず最初の1Fは相当速くなりそう。

見解

南関東から4頭、さらに兵庫からナリタミニスター。そして地元ではキトキトに加えて移籍初戦のDG勝ち馬・ゴールドクイーンまで参戦して超豪華な一戦。混戦ですしハイペース必至、馬券的にも面白いです。

しかし中心は意外とすっと決まりました。軸は⑪ウインオスカー。昨年から休み休み使われていますが、毎レース堅実。昨年のこの時期は東京スプリントでジャスティンの6着と健闘しています。ある程度ペースに合わせたレースもできますし、一番魅力なのはこの枠。ある程度内の先行馬を見ながらレースを進められそう。中央時代の高級クラスでの好走はすべて外枠。ここは条件が揃って、あとは赤岡マジック炸裂を期待。

ここは人気の盲点と見て、まず⑪ウインオスカーの単勝・複勝。そして馬連・三連複で⑪ウインオスカーから、①ゴールドクイーン②トーセンレビュー④ナリタミニスター⑤アドマイヤムテキ⑨ヴァケーションへ流しでチャレンジ。②トーセンレビュー④ナリタミニスターはなかなか崩れないタイプなので、伏兵勢がこの2頭をやっつけるのはなかなか大変かも。逆転があるとすればやはり①ゴールドクイーン、持ち時計のある⑤アドマイヤムテキ、そして交流G1馬・⑨ヴァケーション⑨ヴァケーションは近走不振ですが少し太目。もしマイナス10キロあたりで出てきたら不気味。基本的には左回り向きではありますが、田中学とは手が合いそうなので一発期待。

単勝・複勝 ⑪

馬連・三連複流し ⑪-①②④⑤⑨

勝負度 ★★★★☆