2022 東京記念トライアル(大井)予想→すんなり先行ならシュプレノン◎ マンガンの馬体重注目☆

地方競馬

東京記念トライアル(オープン) 7月27日 大井 ダート2400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

この距離照準の馬が集まりましたが、頭数は少なく落ち着いた会になりそう。

嵌まれば一発

⑤フレッチャビアンカ和田譲58
⑥ウラノメトリア本田重55

⑤フレッチャビアンカは昨年の東京記念と金盃勝ちなら実績は断然。ただここは叩き台の雰囲気も強いですよね。58キロでどこまで動けるか。⑥ウラノメトリアは昨年のクリスマスイブが強かったですからね。55キロと展開が嵌れば。

安定・堅実型

②サトノプライム笹川翼57

昨年勝利。この距離で、このくらいの頭数で、このくらいのメンバーなら安定して力を出せそう。

展開次第で複勝圏

①ドスハーツ森泰斗55
③シュプレノン小杉亮55
⑧マンガン山崎誠57

①ドスハーツはかなりズブいので、南関戦でどこまで近くで戦えるか。③シュプレノンは前走狙ったんですが、まったくダメでした。最近は難しい部分はありそうで、気持ち次第ですかね。⑧マンガンは前走体重を戻していいところなし。体重減があれば一変もあるかも。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

④フォルべルール町田直53
⑦ネオブレイブ本橋孝55

⑦ネオブレイブは最後掲示板に乗れるかくらいの存在。④フォルべルールは53キロが有利ですが、A級相手で力不足ですかね。

逃げ・先行候補

  • ⑤フレッチャビアンカ
  • ⑥ウラノメトリア
  • ③シュプレノン

先行馬不在。一応3頭上げましたが、誰かが主張していけばその馬がハナということになりそう。

見解

前走期待して裏切られた③シュプレノンをあえて本命。ここで走られたら悔しくて眠れないですからね。前走は消極的な競馬で途中でやめてしまいましたが、もし仮にここで小杉が飛ばして逃げの形にでもなれば、まったく違うケースもありそう。他の馬も一長一短ですし、ここは賭け事と割り切って狙ってみたいです。

前走の敗戦で人気も落ちているでしょうし、ここはまず③シュプレノンの単複。どちらかと言うと複勝勝負かも。あとは決め手のある②サトノプライムとの馬連・ワイドでどうでしょうか。少頭数のオープン特別なら崩れないですからね。あとはもし⑧マンガンが10キロ以上絞れて出てきたら、こちらのとか上の2頭との馬連・三連複とかもありかもしれません。オッズを見て楽しみたいレース。

単勝・複勝 ③

馬連・ワイド ②-③

単勝 ⑧(絞れていれば)

馬連流し ⑧-②③(絞れていれば)

三連複 ②③⑧(絞れていれば)

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました