2022 宝塚記念(阪神)予想→枠最高・ブリンカーでエフフォーリア◎ 道悪になればパンサラッサ・マイネルファンロンなんですが…

2022 宝塚記念(阪神)予想→枠最高・ブリンカーでエフフォーリア◎ 道悪になればパンサラッサ・マイネルファンロンなんですが…

宝塚記念(G1) 6月26日 阪神 芝2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

春のグランプリらしいメンバー。カギは展開と天気。

嵌まれば一発

④エフフォーリア横山武58
⑥タイトルホルダー横山和58
⑩ヒシイグアスレーン58
⑪パンサラッサ吉田豊58

④エフフォーリアの大阪杯はゲートでのアクシデントが響いたのか大敗。G1・3勝、立て直してくれば勝ち負けですが、今回は初ブリンカー着用。どちらに出ますか。⑥タイトルホルダーは天皇賞・春で菊花賞の再現成功。今回は2200でパンサラッサがいますからね。どう立ち回るか。⑩ヒシイグアスは久々に順調に来てる感じ。成績を見るとハイレベルなレースを続けてますし、状態アップでレーンなら一撃もあるかも。⑪パンサラッサは同着ながらドバイターフ制覇。1F長い気もしますが、行くだけ行くのみ。

安定・堅実型

⑮ディープボンド和田竜57
⑱ポタジェ横山典58

⑮ディープボンドは3000超えのレースの印象が強いですが、有馬記念だけ走れば足りる馬。包まれない枠もいいですし、上がりがかかる馬場・展開なら。⑱ポタジェは大阪杯が恵まれた感じもしますが、元来堅実。あとは相手強化が微妙なところ。この枠も良くはないでしょうね。

展開次第で複勝圏

⑦デアリングタクト松山56
⑫ウインマリリン松岡56
⑬アリーヴォ武豊58
⑭キングオブコージ横山典58

3冠女王・⑦デアリングタクトは1年ぶりのヴィクトリアマイルで健闘。叩かれてどこまで上積みがあるか。⑫ウインマリリンは本来ならこの条件は合いそう。あとは状態と気持ちの問題でしょうね。⑬アリーヴォは大阪杯がほぼ完璧な競馬で3着。差はないですが、あれ以上もないかなというところ。⑭キングオブコージは大阪杯は何かとチグハグな競馬で、ここは巻き返しもありそう。

危険な人気馬

①オーソリティルメール58

右回りで小回りがどうでしょう。最内ですし、すべてはルメールにかかっていそうですね。

苦戦必至

②アフリカンゴールド国分恭58
③メロディーレーン団野56
⑤アイアンバローズ石橋脩58
⑧ステイフーリッシュ坂井瑠58
⑨マイネルファンロンデムーロ58
⑯グロリアムンディ福永58
⑰ギベオン西村淳58

決め手と破壊力で劣りますかね。もし馬場が渋くなれば⑨マイネルファンロンあたりの食い込みはあるのかも。

逃げ・先行候補

  • ⑪パンサラッサ
  • ⑥タイトルホルダー
  • ②アフリカンゴールド
  • ①オーソリティ

⑪パンサラッサが当然逃げ。⑥タイトルホルダーはある程度ついて行きますが、共倒れは嫌でしょうから、長時間競りかけることはなさそう。⑥タイトルホルダーは捲られたくないですから、前より後ろの方が気になるはず。①オーソリティや④エフフォーリアがどのタイミングでプレッシャーをかけに行くか。

見解

阪神内回り2200というのが本当に微妙な条件。しかも開幕週ですし、おまけに今年は⑪パンサラッサ⑥タイトルホルダーという稀代の先行馬が揃い踏み。特殊なラップになりそうですし、本当に難しいですね。悩みましたが、ここは④エフフォーリアの復活に託してみます。

G1・3勝。問題は大阪杯での大敗ですが、ゲートでのアクシデントが原因なら素直に見直しは必要。これまで調教が今ひとつだったようですが、直前でブリンカーをつけて動きが変わってきたようですからね。何より今回狙いたい要素は枠順ですね。⑪パンサラッサ⑥タイトルホルダーが外から先行して、内で①オーソリティ②アフリカンゴールドあたりがついて行って、縦長の隊列になるのは必至。2枠4番なら内に潜り込めそうですし、内を捌いて勝った皐月賞のようなレースができるはず。オルフェーヴルが春天惨敗から宝塚を勝った時のような復活を期待。

④エフフォーリアの単でシンプルに勝負してみます。ライバルがたくさんいますし、配当は割れそう。4倍くらいにはなるはずで手頃なオッズかなと思います。あとは馬連でざっと流し。あとは遊びで馬連ちょい荒れ狙い。⑩ヒシイグアス⑬アリーヴォ⑭キングオブコージへ。レーン・武豊・横山典ですからね。人気もないですし、馬場を読んでイン差し狙いなら一発あるかも。

もし雨が強くなって重以上に悪化するようなら、⑪パンサラッサの単と、⑨マイネルファンロンとの馬連・ワイドで夢を見ていたところですが。そこまで悪くはならないですかね。もしゲリラ豪雨でも降って急激に馬場悪化するようなら。

単勝 ④

馬連流し ④-⑩⑬⑭

勝負度 ★★☆☆☆