2022 JCSファイナルステージ第2戦(浦和)予想→叩いて最内魅力・石川倭のメイストーム◎ パドック次第でジョーイルガチフェ☆

地方競馬

JCSファイナルステージ第2戦(2022地方競馬ジョッキーズCS・B3) 5月31日 浦和 ダート1400米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

成績的に目立つ馬は少ないですし、全国騎手招待でトミケンゲヌーク以外すべてテン乗り。クセのある浦和ですし、なかなか展開が読み辛いレース。

嵌まれば一発

①メイストーム石川倭56
②ハクアイウィンザー吉村智56
③ヒデノペリドット山口勲56
⑧ジョーイルガチフェ藤原幹56
 

①メイストームは叩き2戦目で上積みありそう。内枠を生かせれば。②ハクアイウィンザーはJRA2勝。浦和1400だとちょっと忙しそうで、気持ち良く走れるかどうか。豪腕・吉村が動かしますか。③ヒデノペリドットはコース実績で一番。すんなり先手を取りたいところ。⑧ジョーイルガチフェは新馬から3連勝した素質馬。休み明けですが、成長あればあっさりまで。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

④ソフィアバローズ森泰斗54
⑥トミケンゲヌーク矢野貴56
⑨グランギフト赤岡修56
⑩ナムラタイガー山崎誠56

流れ次第で食い込みもありそう。ジョッキーも揃ってますからね。

危険な人気馬

⑦タマモアンドロメダ秋元耕56

前走かなり恵まれた展開で止まりましたからね。今回は内に速い馬がいて展開も厳しそう。

苦戦必至

⑤ガマン青柳正56
⑪グローサーベア村上忍56
⑫サトノゴールド岡部誠56

上位とかなり差をつけられて大敗続き。乗り替わっても手が出ないですね。

逃げ・先行候補

  • ⑦タマモアンドロメダ
  • ③ヒデノペリドット
  • ⑧ジョーイルガチフェ

ダッシュ力なら⑦タマモアンドロメダが上。内の③ヒデノペリドットは立ち回りが重要になってきますね。トップジョッキーが集まっていますし、むちゃくちゃなペースにはならないはず。

見解

休み明けの前走を叩いて上昇が期待できる①メイストームに期待。前走はプラス11キロでしたし、浦和の1500の大外枠でロスも大きかったですからね。その点今回は最内。過去の内枠成績も上々で絶好の枠。調教も動いているようですし、そこに鞍上が門別のトップジョッキー・石川倭。だいぶ良い条件が揃いましたね。ティーズダンクばりの内を生かした思い切った騎乗を期待して、本命に推します。

それほど人気はないと思うので、ここはまず①メイストームの単。そして馬連・ワイド・三連複で①メイストームから、②ハクアイウィンザー③ヒデノペリドット④ソフィアバローズ⑧ジョーイルガチフェへ流し。やはり怖いのは内枠勢ですが、まともに走れば休み明けでも⑧ジョーイルガチフェは強いはず。パドック次第で厚く買ってもいいかも。

単勝 ①

馬連・ワイド・三連複1頭軸流し ①-②③④⑧

勝負度 ★★★★☆

タイトルとURLをコピーしました