【2022 重賞レース回顧】日本ダービー 目黒記念 葵S

【2022 重賞レース回顧】日本ダービー 目黒記念 葵S

日本ダービー

予想記事はこちら

武豊ダービー6勝目ということで、これはもうさすがとしか言いようがないですね。やはりダービーの勝ち方を知っている感じ。直線だけでなんとかなるという落ち着きを感じましたね。ドウデュース自身も、パドックで見る限りイクイノックスやダノンベルーガに比べて完成度で上。距離自体は2000までがいいんでしょうが、道中の折り合いさえつけば必ずいい脚を使えるタイプ。先行馬を取りこぼす可能性は今後もありそうですが、今回は前に行くタイプで強い馬もいませんでしたしね。皐月賞同様の乗り方、前走の経験を生かした完璧な勝ち。

イクイノックスもルメールが繊細に乗ってよく来ましたが、やはり最後は完成度の差でしょうね。直線で前が詰まったりもありましたし、手前の問題もありますから、身が入ってくれば相当強い馬になりそう。これも体を見るとベストは2000くらいですかね。

本命に指名したアスクビクターモアは先行抜け出しで一応想定通りの競馬。前半59秒を切る流れで最後はかなりきつくなりましたが、それでもダノンベルーガは押さえ込んで3着確保。複勝とドウデュースとのワイドを無事に当てられて良かったです。先行して堅実、力を出しきりました。ダノンベルーガはレースが近づくにつれてテンションが高くなって、それでも頑張りましたが最後は皐月賞と同じ結果に。ジオグリフは早めに動いた分甘くなりましたね。外からドウデュースに早めにロックオンされて行かざるを得なかったですし、そもそも東京2400は合わないです。中山・阪神の内回り向きかも。5着プラダリアは菊花賞で良さそう。あとは秋、ローシャムパークがどうなりますか。

目黒記念

予想記事はこちら

ダービーとは打って変わって1000通過が1分2秒台。これではある程度のポジションをとれていないとノーチャンス。インの2列目を取れたボッケリーニは最高の競馬。スタミナもそれほど必要としない展開も良かったですね。

マイネルウィルトスもスローでうまく立ち回って、アルゼンチン共和国杯みたいな感じで2着。ウインキートスは一瞬やったかと思いましたね。これも東京2500は合っていますし、こういう混戦レースでの松岡は怖いです。馬もだいぶ立て直されてきました。

そして4着ディアマンミノルは面白い馬。1頭だけ後方・大外から飛んできました。どこかで大きなことをする馬かも。狙ったパラダイスリーフとアリストテレスはまったく展開が逆でお手上げな展開。マカオンドールはやはり小回りが良さそう。

葵S

予想記事はこちら

本命・コラリンはスタートでアウト。終わってみれば人気のウインマーベルが1頭抜けていた感じ。レース巧者で、1200でも1400でも走れるとなると、今後もかなり信頼できるスプリンターになっていきそう。

2着以下は僅差、立ち回りがうまく行った馬が上位に来た感じ。ハイペースでしたし、持久力があってコンパクトに回れた馬が良くて、外に出した馬はダメでしたね。特にコムストックロードはラチ沿いから外に出してうまく嵌まりました。何回走ってもウインマーベル以外は順番が変わりそうですね。