2022 かしわ記念(船橋)予想→牡馬相手でも女王ショウナンナデシコのイン差し◎ テイエムサウスダンは不安

2022 かしわ記念(船橋)予想→牡馬相手でも女王ショウナンナデシコのイン差し◎ テイエムサウスダンは不安

かしわ記念(G1・指定交流・1着賞金万円) 5月5日 船橋 ダート1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

絶対王者不在の今のダート界。ここも混戦模様。

嵌まれば一発

①ショウナンナデシコ(JRA)吉田隼55
⑥カジノフォンテン本田重57

①ショウナンナデシコはもはや牝馬ダートグレードでは敵無し。先行して崩れないですからね。前走でコース経験してますし、牡馬相手でどこまで走るか楽しみしかないです。2連覇を目指す⑥カジノフォンテンですが、昨年ほどの勢いがないだけに、今年の状態でどこまで戦えるか。久々の本田重とのコンビで変わるかどうか。

安定・堅実型

②ソリストサンダー(JRA)戸崎圭57

G1まであと一歩。ドバイ遠征が刺激になってもう一押しあれば。

展開次第で複勝圏

④タイムフライヤー森泰斗57
⑧ギャルダル矢野貴57
⑪サンライズノヴァ(JRA)レーン57
⑬エアスピネル(JRA)デムーロ57
⑭インティ(JRA)武豊57

④タイムフライヤーは川崎移籍初戦。船橋マイルが嵌まるかどうかは微妙なところですが、一瞬の脚を生かせれば。⑧ギャルダルはここに来て2連勝。JRA相手では時計をかなり詰めないといけませんが、このあたりの馬がG1でどれだけやれるのか興味深いところ。⑪サンライズノヴァはひょっとしたら年を取って、距離の守備範囲が短くなってきているかも。船橋1600だと甘くなりそうですが、嵌まればですかね。⑬エアスピネルはどうしてもG1だと芝・ダート問わず足りない感じ。ただ流れ次第で馬券圏内はありそう。⑭インティはかしわ記念で過去に0.1.1.0。相性は良さそう。衰えも少ないですね。

危険な人気馬

③テイエムサウスダン(JRA)岩田康57

根岸S勝ち、フェブラリーSで2着と最充実期という感じ。ただ今度は時計のかかる船橋のマイル。前走は楽逃げでうまくいきましたが、同型もいますし前走のようにはいかないかも。

苦戦必至

⑤サンライズサーカス(笠松)小杉亮57
⑦ユアマイラブ(愛知)西村栄57
⑨グレートコマンダー(愛知)實川純55
⑩マイネルヘルツアス(愛知)臼井健57
⑫ナラ(笠松)深澤杏55

東海の方々。無事に回ってくれれば。

逃げ・先行候補

  • ⑥カジノフォンテン
  • ③テイエムサウスダン
  • ⑧ギャルダル

⑥カジノフォンテンが久々にすんなり逃げかも。ただスタートの良い悪いで③テイエムサウスダンの逃げも十分。昨年はサルサディオーネが飛ばしてスリリングな流れでしたが、今年はある程度落ち着きそう。

見解

登録の段階ではサルサディオーネ・ノンコノユメ・ノーヴァレンダ・ミューチャリー・モジアナフレイバーと、地方のビッグネームが揃っていたんですけどね。ふたを開けてみればJRA勢VSカジノフォンテンという図式。だいぶ残念ですが、馬券的にはそれでもなかなか難解なレース。

期待したいのは①ショウナンナデシコ。牡馬相手でどこまでやれるかですが、中央のオープンは勝っている馬ですからね。前走同じコースのマリーンCで57キロを背負って8馬身差の楽勝。牝馬相手では今1強的な存在で、この相手でも勝ち負けに持ち込めると見ました。ベストは1800~2000かもしれませんが、最近の船橋はかなり時計がかかりますからね。ある程度持久力がある馬の方が合いそう。イン差しも得意で枠も絶好、そして斤量2キロ減。条件は揃っていると思います。

まず①ショウナンナデシコの単が大本線。あとは馬連・ワイドで昨年の1、2着馬である⑥カジノフォンテン②ソリストサンダーへ。そして三連複フォーメーションでそこから、3頭目に④タイムフライヤー⑧ギャルダル⑬エアスピネル⑭インティあたりの穴馬たちへ流し。1番人気は誰になるでしょうね。③テイエムサウスダンだとすると、ちょっと怖い感じがしますね。やっぱり1400がベストだと思いますし、フェブラリーの2着は岩田康の好判断によるもの。相当馬力が必要な今の船橋だと直線で一杯というパターンも十分ありそう。

そして最後に⑧ギャルダルは応援したいですね。東京スプリントでギシギシも頑張りましたし、昨年のキャッスルトップの例もあります。この舞台で健闘してくれると、これからさらに交流重賞が面白くなるんですが。

単勝 ①

馬連・ワイド流し ①-②⑥

三連複フォーメーション ①-②⑥-②⑥④⑧⑬⑭

勝負度 ★★★☆☆