2022 名古屋大賞典(名古屋)予想→クリンチャー逆転ならケイアイパープル、3着穴狙い☆

地方競馬

名古屋大賞典(G3・JRA交流・1着賞金2200万円) 3月10日 ダート1900米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

⑦クリンチャー(JRA)川田将58

昨年圧勝の舞台に狙い済ましての参戦。東京大賞典2着からですからね。まともなら去年の再現も可能でしょう。

嵌まれば一発

⑥アナザートゥルース(JRA)菅原明57

まだまだ健在。チャンピオンズC3着は頑張りましたし、流れ次第でクリンチャー逆転まで。ただムラな部分はありますかね。

安定・堅実型

⑩ケイアイパープル藤岡康55

名古屋グランプリ・佐賀記念と2着・1着。小回り適性は高いですし、人気2頭に比べて斤量が有利なのも信用できそうです。

展開次第で複勝圏

①エブリワンブラック(JRA)デムーロ54
③アメリカンフェイス(JRA)岡部誠54
④ジンギ(兵庫)田中学54

①エブリワンブラック③アメリカンフェイスは上位3頭に比べるとパンチ力不足。ポカ待ちでしょうか。兵庫の期待・④ジンギは昨年4着。中途半端なレースにはなっていたので、すいすい先行できればもう少しやれるかも。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②ブルーへスター村上弘54
⑤サンマルティン木之葵54
⑧トミケンシャイリ今井貴54
⑨ホーリーブレイズ(大井)青柳正54
⑪アドマイヤムテキ丸野勝54
⑫ドリームスイーブル大畑雅54

この中では⑨ホーリーブレイズですが、中央重賞級相手ではなかなか難しいものがあります。⑧トミケンシャイリにも頑張って欲しいですが、ここはJRA勢の格好の標的になってしまいそう。

逃げ・先行候補

  • ⑧トミケンシャイリ
  • ④ジンギ
  • ⑥アナザートゥルース
  • ⑨ホーリーブレイズ

⑧トミケンシャイリが土古最後の大賞典で逃げにこだわりそう。④ジンギがそれについていく感じでしょうか。⑥アナザートゥルースは外の番手が良さそう。距離のわりには流れる展開。

見解

実績なら⑦クリンチャー⑥アナザートゥルース⑩ケイアイパープルで、たんたんと流れればそのままかなと思いますが、今回はラスト土古の⑧トミケンシャイリが頑張ってペースメーカーをしてくれるかなと想像。ハイペースになればひと波乱あってもおかしくないでしょうし、そうなると3強の中で不安になってくるのは⑥アナザートゥルース。もともと凡走もあるタイプですし、ここはあくまで押さえに回してみたいです。

三連単フォーメーションで1着2着を⑦クリンチャー⑩ケイアイパープル、3着に①エブリワンブラック③アメリカンフェイス④ジンギ⑥アナザートゥルースへ流して高目狙い。断然の1番人気であろう⑦クリンチャーですが、昨年は佐賀記念からのステップだったのが今年は休み明け。その点⑩ケイアイパープルは順調に来ていての55キロ。この3キロ差はなかなか大きいかなと思うのでも、裏で来まって配当が跳ねてくれることを期待してます。

あとは⑥アナザートゥルースが止まるかどうか。①エブリワンブラック③アメリカンフェイスはデムーロ・岡部誠ですから不気味。あとは④ジンギですね。どれだけJRA勢にしがみつけるか。思いきったレースをしてほしいです。

三連単フォーメーション ⑦⑩→⑦⑩→①③④⑥

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました