地方競馬

2022 中京ペガスターカップ(名古屋)予想→最内パピタの逃げ、それについていくゴールドスノーの2頭軸☆

地方競馬

中京ペガスターカップ(3歳・東海地区デビュー馬・1着賞金250万円) 3月8日 ダート1600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

東海地区デビュー馬限定戦で小粒な面々。決め手に欠きますし、波乱の要素は多いですね。

嵌まれば一発

①パピタ丹羽克56
⑤ローザキアーロ岡部誠54
⑦シノジマニヨラサイ丸野勝56

スピードのある①パピタにとって、この1番枠は願ってもないですね。前走古馬B級相手に快勝してますし、あとはマイルでどうか。⑤ローザキアーロは相手弱化で岡部誠乗り替わりが怖いですね。⑦シノジマニヨラサイはアテにならないですが、元日のレイジーウォリアーの2着が強かったですからね。前走の勝ちがきっかけになれば。

安定・堅実型

②ゴールドスノー友森翔54

地味ですが重賞で常に掲示板。今回はこれまで先着されていた馬がほとんどいないですし、チャンスが回ってきた感じ。

展開次第で複勝圏

③エムエスムーン村上弘54
④コンビーノ山田祥54
⑥アップメイジェイ宮下瞳54
⑧プライムデューク大畑雅56
⑨ハーピーヴァルキリ今井貴54

歯車が噛み合うと、理由もなく飛んできそう。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑩アヤ浅野皓54
⑪トリプルアイ尾崎章54

どちらもやや一本調子の先行馬で、重賞だと最後苦しくなりそう。

逃げ・先行候補

  • ①パピタ
  • ⑩アヤ
  • ⑪トリプルアイ
  • ⑤ローザキアーロ

①パピタがインから徹底先行。外の2頭では速力で落ちるのでスンナリの形。一応たんたんとした流れにはなりそう。

見解

土古競馬も最終週になりましたね。移転前に名古屋大賞典がありますが、まずは地元デビュー馬限定の3歳重賞。小粒な面々だけに、狙いはこれまで強敵と戦ってきた馬を上位に。人気でしょうが、中心は①パピタ②ゴールドスノー

①パピタは前走古馬B級相手に逃げ切り。絶好枠から逃げ確実で、あとは距離延長がどうかですが、これまでのマイル戦では常に名古屋3歳のトップクラス・レイジーウォリアーとぶつかってましたから、かなりきつい競馬でしたね。今回は不在なら、すいすい先行して粘ってくれるでしょう。

②ゴールドスノーは重賞で5着4着5着。離されてはいるものの毎回掲示板を確保。ピリッとした脚はないですが堅実には走ってきます。今回は相手弱化で自動的に順番も上がってくるはずですし、逃げる①パピタの後ろに入れそうな2番枠は好都合。昨年11月にはそのパピタにも勝ってますし、ここも逆転まであるでしょう。

馬連で①パピタ②ゴールドスノー。あとは三連複2頭軸で、③エムエスムーン④コンビーノ⑤ローザキアーロ⑥アップメイジェイ⑦シノジマニヨラサイ⑧プライムデューク⑨ハーピーヴァルキリへ。⑦シノジマニヨラサイが本来なら3番目ですが、これも走らない時は走らないタイプですからね。これが飛ぶと、あとはもうわけがわからないです。好配当をただ祈って見てましょう。最後に②ゴールドスノーの単も配当次第で買ってみたいですね。①パピタの後ろでただじっとしていれば、勝機は近いと思いますが。

馬連 ①-②

三連複2頭軸流し ①②-③④⑤⑥⑦⑧⑨

単勝 ②

勝負度 ★★☆☆☆

タイトルとURLをコピーしました