2022 金盃(大井)予想→54キロ、距離延長でサンビュート◎ ヒモ荒れ十分ありそう☆

地方競馬

金盃(1着賞金2200万円) 2月9日 大井 ダート2600米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

なかなか新鮮なメンバー。新興勢力がどこまで大井2600で走れるか。

嵌まれば一発

①トーセンスーリヤ山崎誠58
⑦ウラノメトリア矢野貴54

JRA重賞2勝の①トーセンスーリヤが4年ぶりの大井復帰。久々のダートで58キロ、しかも2600でどこまでやれるか。⑦ウラノメトリアは昨年末の金盃トライアルが転入初戦で圧勝。54キロなら重賞でも楽しみな一戦。

安定・堅実型

③フレッチャビアンカ御神訓57
④サトノプライム張田昴56
⑪サンビュート森泰斗54

③フレッチャビアンカは昨年の東京記念の勝ち馬。前走を叩いてここは照準のレースでしょうね。④サトノプライムはここも末脚勝負に徹する形。あとは流れ次第。⑪サンビュートは前走マグナレガーロに完敗しましたが2着は確保。叩いた上積みと54キロ、距離を味方につけたいところ。

展開次第で複勝圏

②メイショウマトイ和田譲54
⑧エメリミット山口達56
⑨トーセンブル本橋孝56
⑬タイサイ石崎駿56

②メイショウマトイは移籍初戦完敗で辛いところですが、死んだふり作戦が嵌まればギリギリ3着くらいなら。⑧エメリミットは東京記念2着。最後は差し返す脚も見せましたし、歯車が噛み合えば。⑨トーセンブルは名古屋グランプリ完敗ですが、金盃は去年2着で一昨年3着。侮れないところ。⑬タイサイはすんなり好位からワンペースで気持ち良く走れるなら。

危険な人気馬

⑩セイカメテオポリス本田重56

力は足りるはずですが、冬場でなかなか絞れない感じ。もう少し暖かくなってからが狙いかも。

苦戦必至

⑤リンゾウチャネル川島正56
⑥ハンメルフェスト吉井章52
⑫オンザロックス岡村健56

⑤リンゾウチャネルは南関東復帰戦ですが、決してこの距離が向いているとは思えないですからね。その他の馬も様子見が懸命な感じ。

逃げ・先行候補

  • ①トーセンスーリヤ
  • ⑧エメリミット
  • ⑬タイサイ

①トーセンスーリヤが謎ですが、久々の砂で1枠なら前に行った方が良さそう。⑧エメリミット⑬タイサイは外から流すように番手。2600でこの頭数ですから、ペースはのんびり。2周目の向正面あたりから動きがあるかもですが、展開は読み辛いですね。

見解

斤量、叩かれた上積み、距離適性を考えて、ここは格下でも⑪サンビュートに期待してみます。JRAで2勝クラスを勝って門別移籍。まだ使い込まれていない5歳馬ですし、これから強くなる馬。前走はまだまだのデキで2着を確保したあたり地力は感じますし、ベストは2000以上の長距離戦。門別でクインズサターンの2着があれば足りそうですし、54キロで森泰斗なら飛び付きたいです。

ここ馬連で⑪サンビュートから①トーセンスーリヤ②メイショウマトイ③フレッチャビアンカ④サトノプライム⑦ウラノメトリア⑧エメリミット⑨トーセンブル⑩セイカメテオポリス⑬タイサイへ流し①トーセンスーリヤも含め、力関係がかなり読み辛いレースですからね。おまけに展開も謎。前哨戦楽勝の⑦ウラノメトリアが人気かもしれませんが、中央実績で考えれば他の馬でも差はないはずで、ここはヒモ荒れ期待でいきたいです。気持ちよく走れると怖い⑧エメリミット⑬タイサイあたりがちょっと匂いますがどうでしょう。

馬連流し ⑪-①②③④⑦⑧⑨⑩⑬

勝負度 ★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました