2021 神戸新聞杯(中京)予想→積極策ならワンダフルタウンのスタミナ生きる◎

2021 神戸新聞杯(中京)予想→積極策ならワンダフルタウンのスタミナ生きる◎

神戸新聞杯(菊花賞TR・G2・3歳) 9月26日 中京 芝2200米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

菊花賞に直結するトライアル。ダービー馬・シャフリヤールの走りが注目ですが、決して抜けた存在ではなさそう。ひと夏越して勢力分布図の変化は十分ありえそう。

嵌まれば一発

②ワンダフルタウン和田竜56
③キングストンボーイルメール56
⑩シャフリヤール福永56

②ワンダフルタウンは青葉賞勝ち後、ダービーで不発。しぶとさが武器ですし、ダービーよりもう一列前で走れれば。③キングストンボーイは青葉賞2着からダービー回避。藤沢厩舎ラストイヤーのダービーでしたが馬優先の日程。今回どこまで成長しているか注目です。⑩ダービーでのシャフリヤールはこれ以上ないレース。切れ味勝負なら強いですが、ライバルとそこまで差がないはず。

安定・堅実型

⑤ステラヴェローチェ吉田隼56

皐月賞・ダービーで3着。こういう成績の馬はその後伸び悩むケースも多いですが、爆発力はある馬ですし、距離・馬場・展開ともに不問なのは心強い材料。

展開次第で複勝圏

①セファーラジエル鮫島駿56
④モンテディオ池添56
⑦レッドジェネシス藤岡康56

どちらも決め手不足ではありますが、馬場・展開次第ではギリギリ間に合うかも。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

⑥シゲルソウサイ岩田康56
⑧イクスプロージョン松山56
⑨テイエムタツマキ富田56

さらに決め手で厳しい印象。逆にハイペースの流れになっても地力で劣りそう。辛いでしょうね。

逃げ・先行候補

  • ⑥シゲルソウサイ

逃げ・先行馬が不在。一応前走番手競馬をしているシゲルソウサイが岩田康騎乗で思い切って先行かなと思いますが、誰でも行こうと思えば行ける馬たち。菊花賞も控えてますし、基本的にはゆったりと流れそうです。

見解

ダービー馬・⑩シャフリヤールは、スローペースのダービーを瞬発力で制した馬。イメージとしてはエイシンフラッシュに近いタイプではないかと思います。となるとねじ伏せて勝つようなタイプではなく、2400も若干距離が長め。意外と直線に来て手応えの割りに伸びないというパターンも考えておきたいです。もし体重が10キロ増えているようならさらに要注意。そして③キングストンボーイもドゥラメンテ×ダイワパッションですから脚をためたいところ。ここは積極的なレースで押しきれそうな馬を狙いたいです。中心は②ワンダフルタウン

ダービーはポジションが悪くなり思うような競馬にならず。スタミナには不満がありませんし、ここはシャフリヤール打倒を目指して積極的なレースをしてきそう。休養を経て馬が一段階成長しているようですし、あとはスタミナとパワーで押しきってくれることを期待。

このメンバーならいっそ逃げてもいいと思うんですがね。まずは②ワンダフルタウンの単勝で勝負。そして馬連・三連複で⑩シャフリヤールの他、③キングストンボーイ⑤ステラヴェローチェ⑦レッドジェネシスへ。⑩シャフリヤールが甘くなればその他の馬の逆転も十分。和田の思いきった騎乗に期待。

単勝 ②

馬連流し ②-⑩③⑤⑦

勝負度 ★★★★☆