2021 小倉 プロキオンS 予想→実績と小回り適性でワイドファラオ・ウェスタールンド☆

2021 小倉 プロキオンS 予想→実績と小回り適性でワイドファラオ・ウェスタールンド☆

プロキオンS(G3) 7月11日 小倉 ダート1700米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

中京1400から小倉1700と条件が一変。小回りコースですし、メンバーも個性派が揃って混戦です。

嵌まれば一発

③メイショウカズサ松山56
⑧ワイドファラオ福永58
⑨ウェスタールンド藤岡佑56

③メイショウカズサは昨年の小倉の2勝クラスで楽勝。ここ3戦はリズムが悪かったですが内枠からすいすい行ければ。⑧ワイドファラオはかしわ記念勝ちなど実績上位。小倉の小回り1700は合いそう。⑨ウェスタールンドは東京大賞典以来。9歳馬でどれだけ鉄砲で走れるかですが、小回り1700は合いそう。

安定・堅実型

⑫ダノンスプレンダー川田56

重賞でも徐々に走れるようになってきました。うまく立ち回れば。

展開次第で複勝圏

①メイショウワザシ西村56
④マリオマッハー森裕56
⑦ナムラカメタロー小牧56
⑪ペプチドバンブー富田56
⑯メイショウウズマサ斎藤56

大駈けには警戒しておきたい面々。

危険な人気馬

⑩サンライズホープ幸56

どれだけ人気になるかわかりませんが、連勝してきたとは言え今回は重賞。他に速い馬もいますし、走りを見ると1800~2000がベストな感じ。斤量も増えて、小回り1700で揉まれると早々に終わってしまうかも。

苦戦必至

②アヴァンティスト松若56
⑤ブラックムーン浜中56
⑥トップウイナー和田竜56
⑬タイサイ中井56
⑭タイガーインディ熊沢56
⑮スマートダンディー秋山56

なかなかここでは足りないですかね。

逃げ・先行候補

  • ③メイショウカズサ
  • ⑯メイショウウズマサ
  • ①メイショウワザシ
  • ⑦ナムラカメタロー
  • ⑩サンライズホープ
  • ⑧ワイドファラオ
  • ⑥トップウイナー
  • ⑬タイサイ

メイショウ3頭の先行争い。なんとしてもハナを切りたいのは③メイショウカズサ。それをサポートする形で他のメイショウ2頭が番手。⑩サンライズホープは小回り1700でポジションを取れるかどうか。メイショウが前を固めると、先行馬は多いもののペースは意外と落ち着くかも。

見解

今年は変則開催で、従来の中京1400から小倉1700での開催。まったく原形はとどめておらず、もはや別のレース名を立てた方が良かったんじゃないかと思いますよね。せめて「小倉プロキオンS」とかでも良かった気がします。今後混乱しそう。

という中でここは⑧ワイドファラオ⑨ウェスタールンドの実力馬2頭を信頼。⑧ワイドファラオは実績はもちろんですが、小回り適性が高い馬。かしわ記念もこの馬にとってはなかなか厳しい展開でしたが、それでも内に潜り込んで4着。少し雨が降って時計が速くなるようなら、スプリント能力があり芝でも走れるこの馬にとってさらにプラスになりそう。

⑨ウェスタールンドは休み明けの9歳馬ですが、こちらもエルムSの走りなどを見れば小回りの1700は合いそう。軽いダートも合うだけに、仕上がってさえいれば捲りが決まる可能性十分。この相手なら。

馬単マルチ・ワイドで⑧ワイドファラオ⑨ウェスタールンドが本線。ただ人気になりそうですし、配当はあまり期待できないですかね。あとは三連複でこの2頭から穴馬へ。行ききった時の③メイショウカズサ、初ブリンカーの④マリオマッハー、意外性のある⑦ナムラカメタロー、決め手で⑪ペプチドバンブーあたりへ軽く流し。軽い気持ちで臨みたいです。

馬連・ワイド ⑧-⑨

三連複2頭軸流し ⑧⑨-④⑦⑪

勝負度 ★☆☆☆☆