2022 中日新聞杯(中京)予想→イーガンのカントル・岩田康のバジオウから◎◯

中央競馬

中日新聞杯(G3・ハンデ) 12月10日 中京 芝2000米

出走馬・仕分け

有力・勝ち負け

なし

ハンデ重賞でフルゲート。簡単におさまるわけがないですね。

嵌まれば一発

①キラーアビリティ団野56
⑥プログノーシス藤岡佑56
⑪カントルイーガン54
⑫バジオウ岩田康54
⑯マテンロウレオ横山典56

①キラーアビリティは条件は悪くないですが、状態がもうひとつに感じるのと、最内枠の捌きが問題ですね。⑥プログノーシスは川田がギリギリ乗らないのが痛いところ。能力は高い馬ですが、この内枠も難易度が高いです。⑪カントルは充実期に入った感じ。イーガン騎乗がどちらに出るか。⑫バジオウは前付けで持ち味を生かしたいところ。⑯マテンロウレオは前走うまく内から抜け出しましたが、今回は斤量増と外枠。充実度で克服できるかどうか。

安定・堅実型

なし

展開次第で複勝圏

④ワンダフルタウン57
⑦フォワードアゲン江田照53
⑩イクスプロージョン和田竜56
⑭トゥーフェイスMデムーロ54
⑮ソフトフルート酒井学53
⑱アスクワイルドモア岩田望55

みんなパンチ不足ですが、展開がごちゃごちゃしてくれればという感じ。

危険な人気馬

なし

苦戦必至

②コトブキテティス今村51
③ハヤヤッコ浜中57.5
⑤アルジャンナ角田和54
⑧ギベオン西村淳57
⑨アイコンテーラー菱田52
⑬ダンディズム富田54
⑰プリマヴィスタ坂井瑠53

⑧ギベオンは昨年の金鯱賞の再現があればというところですが、最近の走りを見るとなかなか難しいかも。他も展開が向いてどこまででしょうか。

逃げ・先行候補

  • ⑨アイコンテーラー
  • ⑫バジオウ
  • ⑧ギベオン

これと行って主張する馬はいないですが、一応軽量で菱田の乗る⑨アイコンテーラーが逃げ有力。前走包まれて不完全燃焼の⑫バジオウは番手。そこまで速くならないでしょうが、頭数が頭数だけに緩むこともなさそう。直線は大混戦でぐちゃぐちゃになるかも。

見解

まともに当てようと思うと無理がありそうな混戦レース。ここは絞って買って、ハズレ覚悟で楽しむべきでしょう。狙いは⑪カントル⑫バジオウの6枠2頭。⑪カントルはワグネリアンの弟ですが、ここに来て馬がぱしっとしてきた感じ。前走も2着争いには参加していましたし、まだまだ54キロで走れるのは強み。あとはイーガン騎手が頑張ってくれれば。

⑫バジオウは前走人気で伸びきれませんでしたが、ためていい馬ではないので内に閉じ込められたのが敗因でしょう。叩き2戦目、目黒記念は距離が合わなかっただけでしょうし、その前の東京2000だけ走れれば勝負になるはず。岩田康で54キロ、楽しみしかないですね。

馬連・ワイドで⑪カントル⑫バジオウ。あとは三連複2頭軸で⑦フォワードアゲン⑩イクスプロージョン⑭トゥーフェイスといった穴馬たちへ。⑥プログノーシスは川田から藤岡佑に乗り替わって、馬群を捌けるかどうか不安。そもそも、ほとんど差がないメンバーだと思いますし、ここはイーガン・岩田康の手綱に期待ですね。あとはヒモで江田・和田竜・Mデムーロあたりのくせものが絡んでくれれば。

馬連・ワイド ⑪-⑫

三連複2頭軸流し ⑪⑫-⑦⑩⑭

勝負度 ★★★★☆

タイトルとURLをコピーしました